「ありがたくお受けいたします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ありがたくお受けいたします」とは? ビジネス用語

「ありがたくお受けいたします」とは、どのようなビジネスシーンで使われる敬語なのでしょうか?

「ありがたくお受けいたします」とは?

「ありがたくお受けします」とは、特にビジネスの場面で任命された場合に使います。

相手からもらう場合には「ありがたく頂戴します」という表現になります。

ビジネスの場合「お受けいたします」を使用するのは、任命などのシーンに用います。

「ありがたくお受けいたします」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

新しい部署のリーダーに任命されたとします。

人事から任命された昇進の役職でした。

返答する言葉として「ありがたくお受けいたします」と言うと良いでしょう。

抜擢されて嬉しい気持ちが、この言葉によって伝わります。

注意点は、自分に対してのみ使用する言葉なので注意しましょう。

相手に対して言うと失礼になります。

相手に対しては「ありがたくお受けしてください」の言い方は、押し付ける印象になってしまうので気を付けましょう。

「ありがたくお受けいたします」を使った例文

『ありがたくお受けいたします』
『大変ありがたくお受けいたします』
『心よりありがたくお受けいたします』

「ありがたくお受けいたします」の類語

「ありがたく拝命いたします」
「よろこんでお受けします」
「ありがたくお引き受けいたします」
「謹んでお受けいたします」

まとめ

ビジネスで役職や業務を依頼された時には、依頼を受け入れる側の立場で印象が良い言葉として「ありがたくお受けいたします」と言います。

「承知いたしました・承りました」との意味になります。

「ありがたくお受けいたします」は、喜んで引き受ける言葉になります。

よく似た言葉で「謹んでお受けいたします」は、相手に敬意の意味が含まれ「受諾」するというとても丁寧な敬語です。

目上の人にも使え、ビジネスシーンでよく使われます。

「ありがたくお受けいたします」は、喜んで受ける時に使います。

ビジネスでの昇進や依頼を受けた時の返答、受賞した時、面接や内定のシーンなどです。

昇進を受ける、転勤や配置転換などにより、現在の職位や勤務地から異動命令の時の返答です。

依頼を引き受ける場合に「ありがたくお受けいたします」を使うと丁寧な言葉になります。

「承りました」「かしこまりました」の意味です。

表彰式の場面では「ありがたくお受けいたします」と受賞者が返答します。

喜びの気持ちを表します。

面接や内定の時に「ありがたくお受けいたします」と返信のフレーズとして使えます。

面接の日程通知や内定通知を受け取った時の返信の表現です。

このように様々なシーンで「ありがたくお受けいたします」を使う時があるので、覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました