「いつもお世話になっております」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「いつもお世話になっております」とは? ビジネス用語

ここでは「いつもお世話になっております」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「いつもお世話になっております」とは?

「いつもお世話になっております」は、ビジネスにおける常套句と言える言葉で、他社の人間に対して送る文章はここから始まると考えていい言葉です。

遭えて何か別の表現を使う場合を除き、まずこの言葉で文章が始まるという具合で、大変汎用性の高いビジネス用語だと言っていいでしょう。

言葉の意味としては、その相手に対して日頃から何かと世話になっていると感謝を伝えていますが、それを考える必要は特になく、まずこの言葉から文章を始めるものです。

よって、この後にはどんな内容が続いてもよく、まずは冒頭のワンクッションという具合です。

文章だけでなく、他社に電話を掛ける際の最初の一言としても毎度のように使われており、ビジネスでこの言葉を見掛けたり、聞かない日はないと言っても過言ではありません。

「いつもお世話になっております」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「いつもお世話になっております」は他社の人間向けの、この後にどんな内容でも続けることができる冒頭専用のクッション表現です。

ビジネスでは多用と呼べる範囲を超えて、常用されていると言える言葉ですが、冠婚葬祭や大切な案内の冒頭には向いておらず、その場合には今の季節ならでは表現を含む挨拶文から始める方がいいでしょう。

特に畏まってそのような冒頭から始める必要がない場や、電話での最初の一言ではまずここから始めるのがビジネスにおける常識だと言っても構わない言葉で、BtoCの場面ではお客様になる相手に対して使うことも多いです。

また、例えその相手とは初めてのメールのやりとりだったとしても問題なく、初めて連絡をする会社への電話の最初にも使うことができます。

「いつもお世話になっております」を使った例文

・『いつもお世話になっております。恐れ入りますが、○○様はいらっしゃいますか』
・『いつもお世話になっております。早速資料を確認させていただきました』

「いつもお世話になっております」の類語や言い替え

・『平素よりお世話になっております』
ビジネスではこの形で使われることも多いです。

こちらにした方が少し堅くなり、よりビジネス向けの表現になりますが、口語では使えなくなるという点と、初めての相手には使いにくくなるため、「いつもお世話になっております」とうまく使い分けてください。

まとめ

「いつもお世話になっております」は、ビジネスで一番見聞きする言葉だと言っていいでしょう。

大抵の場合で他社へのメールや電話の冒頭に使うことができ、誰に対して使っても失礼になることもない、とても便利な言葉です。

タイトルとURLをコピーしました