「おはようございます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「おはようございます」とは? ビジネス用語

ここでは「おはようございます」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「おはようございます」とは?

「おはようございます」は、朝の挨拶に使われる表現です。

改めての説明は不要だと言えるほど一般的な表現ですが、実際に使うとなると注意しなくてはいけない点がいくつかあり、特にビジネスシーンではそれに気をつけないといけません。

まず、ビジネスにおいて朝一番と言える午前9時前後であれば、問題なくこの表現で挨拶を行うことができますが、それから少し時間の経った9時半にもなってしまうと、もう使うべきではない場合が多いです。

プライベートであれば、10時くらいになってもまだ使えるケースがありますが、ビジネスでは本当に朝一番にしか使えないと考えてください。

また、そのタイミングでないといけないため、口語で使うことがほとんどですが、翌朝一番に相手に見てもらうことを前提に、前日の夜のうちにメールでこの表現から始まる文章を送っておくといった使い方をすることもできます。

「おはようございます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「おはようございます」は、業界によっては“その日最初の挨拶”として用いられることがあります。

芸能の世界がそのいい例で、もうお昼を回っていても、最初になる挨拶ではこの「おはようございます」と使うのが通例となっており、そのような特殊な使い方をされることもある表現です。

そういった業界を除くと、朝一番の挨拶表現にしかならないため、出社が昼からといったような時には使うことができません。

この表現は元々「早くからお疲れ様です」といった解釈から生まれたもので、業界によってその日初めての挨拶として使われるのは、自分より先にそこに来ていた、早くから働いていたといった意味からだとされており、そのようなきちんとした理由があるためです。

「おはようございます」を使った例文

・『おはようございます。本日もよろしくお願いいたします』
・『おはようございます。早速ですが、この後の予定をお聞かせいただけますか』

「おはようございます」の類語や言い替え

・『どうもこんにちは』
「おはようございます」が使える時刻を逃してしまった時に、丁寧な挨拶表現として使うことができます。

こちらは夕方になるまでの長い時間をカバーすることができるため、使い勝手がいい表現です。

まとめ

「おはようございます」は、朝一番の挨拶に使われる表現になります。

一部の業界ではその日最初の挨拶という解釈で用いられており、その相手に対して早くからお疲れ様ですという意味から使われる表現となっています。

タイトルとURLをコピーしました