「お力になれれば」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お力になれれば」とは? ビジネス用語

「お力になれれば」は、ビジネスにおいてどのような場面で使うのでしょうか?

「お力になれれば」とは?

相手に対し協力しますと言う意味です。

「なれれば」という言い方で、仮定の表現になります。

協力することがあればと言うニュアンスになります。

この言葉を使用する場面は、相手からの協力要請に返答する時や、協力を申し出る時です。

相手のために、お役に立てればと言う意味です。

ビジネスで協力します、手伝いますと言った気持ちを表します。

「お力になれれば」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

上司が仕事で忙しそうにしています。

会議の資料が間に合わないので手伝ってくれないかと言われました。

そのような時に 「お力になれれば幸いです」と返答すると良いでしょう。

協力しますと言う意味です。

目上の人から依頼があった時に、心よく協力したいと伝える場合は「お力になれれば幸いです」と返答すると良いでしょう。

控えな表現で、協力に対する同意を伝えることがで出来ます。

「お力になれれば~」のあとに「幸いです」「幸いでございます」などの敬語を付け加えましょう。

「幸いです」は、「嬉しい」という感情を丁寧に表したものです。

この言葉を使う場合の注意点は、美しい表現ですが抽象的になってしまいます。

明確だった内容が抽象的になります。

「お力になれれば」を使った例文

『お力になれれば幸いです』
『お力になれれば幸いでございます』
『お力になれればと存じます』

「お力になれれば」の類語

「一助となれれば」「一助」【いちじょ】と読み、「少しの助け」という意味です。

「ご協力」
「お役に立てれば」

まとめ

「お力になれれば」は相手を思って、手伝うことがあれば協力いたしますと言った気持ちを表します。

ビジネスシーンでは、会話やメール文でも使います。

協力ではなく、任命の時には、この表現は使いません。

「お力になれれば」と言う表現は上品な印象になります。

この言葉を言われた相手にとっても、協力してくれて嬉しいと言う気持ちになります。

手伝いたい気持ちを相手に伝えたい時に使います。

目上の人や上司、ビジネスの相手に使い、依頼をしやすく関係がよりよいものになる効果があります。

協力する姿勢を示すので、相手側も気分よくビジネスを進めるこが出来ます。

また、丁寧な表現と前向きな気持ちで承諾の返事の意味でもあります。

「わかりました」「了解です」に代わる言いまわしで使えます。

タイトルとURLをコピーしました