「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」とは? ビジネス用語

「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」とは?

ビジネスでの使い方、敬語での言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」とは?

「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」は、相手に名前を聞いてよいかを問いかけるためのフレーズです。

ここでは、名前を聞いているわけではありません。

名前を聞いてよいかを尋ねているのです。

しかし、これは結果的に名前を聞いているのと同じになります。

このように問いかけられて「よいです」と答える人はいません。

そのまま、自分の名前を相手に回答するはずなのです。

なお、「伺う」「聞く」の謙譲語、「でしょうか」は丁寧語の疑問文になっています。

「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」を使う場合には、どのようなものがあるでしょうか。

たとえば、ある人物がオフィスに来たとします。

そのため、その人物に名前を尋ねることにしたのです。

このような場合には、「まずは、お名前を伺ってもよろしいでしょうか」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手の名前を少し遠回しに質問できるのです。

この言葉を使用する際には、「伺ってもよろしいでしょうか」の使い方に注意しましょう。

これは「伺ってもよろしいですか」と言い換える事もできます。

どちらも同じ意味ですが、少し印象の違う表現になるのです。

使用する状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。

「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」を使った例文

「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」を使った例文を挙げます。

例文のように、そのままでも使用できますし、言葉を加えてアレンジしてもよいでしょう。

・『お名前を伺ってもよろしいでしょうか』
・『まずは、名前を伺ってもよろしいでしょうか』
・『あなたの、お名前を伺ってもよろしいでしょうか』

「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語での言いかえを説明します。

「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」の類似表現

この言葉の類似表現には、「お名前を伺ってもよいですか」があります。

「よろしいでしょうか」「よいですか」は、同じ意味で使用できる言葉なのです。

「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」の敬語表現

この言葉を、別な敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば、「お名前をお伺いしてもよいでしょうか」のように言いかえできます。

まとめ

このように「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」は、相手に名前を聞いてよいかを問いかけるためのフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました