「お変わりありませんか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お変わりありませんか」とは? ビジネス用語

「お変わりありませんか」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使われ方や例文などを徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「お変わりありませんか」の意味

この言い回しは、「変わり」(名詞)に尊敬の意を表わす接頭辞「お」が付いた言葉に「ありませんか」という丁寧語が加わったフレーズです。

このフレーズは、ビジネスでは、文章や会話での便利な定型句として使用します。

具体的な使い方は、久しぶりに会った相手や久しぶりに電話やメールなどでやりとりする相手に対して変化がないか、さらに言えば安否確認として使われる挨拶の一種です。

「以前と比較して何か変っていませんか」という意味で、どちらかと言うと悪い方の変化を問う場合が多くあります。

変化の対象として健康面はもちろんのこと、仕事や家庭などビジネスからプライベートまでさまざまです。

「お変わりありませんか」のビジネスにおけるメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

このフレーズの使い方や使うときの注意点を列挙します。

まず、使う対象となる人ははっきりと期間は決まっていませんが、基本的には暫く会っていなかった人に対して用います。

頻繁に会っていて近況が分かっている人に使うと不自然です。

また、初対面の人には使えません。

使う相手との関係性も重要です。

特に親しい間柄であれば「お変わりありませんか」でも問題ありませんが、間柄が親しくないときには「ご清祥のこととお慶び申し上げます」といった畏まった表現が必要です。

さらにシチュエーションですが、会話の場合は即座に返答をし、メールや手紙のような文章の場合はそもそも本題ではないので変化の有無は回答する必要はありません。

ましてあまり親しくない間柄の人の場合、事細かく近況を伝えられても相手も困ってしまいます。

「お変わりありませんか」を活用した例文

・『ご無沙汰ですが、お変わりありませんか』
・『お久しぶりです。お変わりございませんか』
・『お変わりなくお過ごしでしょうか』

「お変わりありませんか」の返答や返信例

この言い回しの返答・返信例を以下に紹介します。

・『お陰様で(元気にしています)』
・『○○さんもお元気ですか』
・『お心遣いありがとうございます』
・『最近、趣味でゴルフを始めました』
即座に回答を求める場合においては上記の例のように口頭で自らの変化などを簡単に回答しましょう。

文章の場合は変化については特に聞いておらず、このフレーズ以降に記載されている内容が重要であり本題であるため、その本題について回答するようにします。

このフレーズはあくまで形式的なもので、ビジネスシーンにおける挨拶の一つだと考える方がよいでしょう。

まとめ

このフレーズはさまざまな場所で挨拶として手軽に使える言い回しです。

「お変わりありませんか」を自然に使えることで気持ちのよい円滑なコミュニケーションが取れるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました