「お忙しい毎日かと思われますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お忙しい毎日かと思われますが」とは? ビジネス用語

ここでは「お忙しい毎日かと思われますが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「お忙しい毎日かと思われますが」とは?

「お忙しい毎日かと思われますが」は、忙しい中を申し訳ありませんが、といった解釈で用いられる表現です。

そんな中だと分かった上で、何かをして欲しいことがあると使うことになるため、「お忙しい毎日かと思われますが、どうぞよろしくお願いいたします」などという形で用いることが多いです。

何かをお願いすることになる表現のため、それがあって初めて使うことになりますが、何とかそれを聞いて欲しいという場合に使うものだと考えていいでしょう。

忙しいのは分かっているかそこを何とか、といったニュアンスになると考えると分かりやすくなりますが、本当にその相手が忙しいのかは別として、お願いごとをする際に先のように何とか聞いて欲しいという思いから用いられることも多くなっています。

「お忙しい毎日かと思われますが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「お忙しい毎日かと思われますが」は、本当にそうとは思っていなくとも使う場合があると書きましたが、それには定型表現だという側面以外に、相手が時間を持て余すようなことはしていないだろうと伝えられる点からのことも少なくありません。

分かりやすく言えば、商売が繁盛していて忙しいであろうといったような具合で、そんな中に申し訳ないという表現になるため、このように使われた相手も悪い気はしないものです。

そのため、ビジネスシーンでは何もつけずにただお願いをするよりこのように使った方がよく、多用は禁物ですが、これは是非聞いて欲しいというお願いの場合には使っておいて悪いことはありません。

プライベートのシーンでも使われますが、そういった意図も含む表現なので、やはりビジネス向けになります。

「お忙しい毎日かと思われますが」を使った例文

・『お忙しい毎日かと思われますが、期日までにご返事くださいますようお願いいたします』
・『お忙しい毎日かと思われますが、ご検討の上、ご連絡いただけますと幸いです』

「お忙しい毎日かと思われますが」の類語や言い替え

・『ご多忙の中申し訳ありませんが』
この「ご多忙」はとても忙しい中という意味になるため、同じように使うことができます。

尚、この表現を使う際の注意点として、「忙」という字が「亡」と似ていることから、その相手に近くに何かの不幸があった時には用いるべきではなく、その時には「ご多用」と言い替えて使われます。

最初からそちらにして使っても問題ありません。

まとめ

「お忙しい毎日かと思われますが」は、忙しい中を申し訳ないが、という解釈で使う表現になります。

特に相手のそうした事情を考えずに使うこともでき、その時には定型表現になると共に、その相手がそれだけ忙しくしている(商売が繁盛しているといったニュアンス)であろうと伝えることになることから、使われた方も悪い気はしないところがポイントになっています。

タイトルとURLをコピーしました