「お手数ですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お手数ですが」とは? ビジネス用語

ここでは「お手数ですが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「お手数ですが」とは?

「お手数ですが」は、手間になってしまいますがといった意味で使われます。

そのため、申し訳ないといった意味が多分に込められていますが、ちょっとしたことをお願いする際でもこのように一言添えるのがビジネスでは礼儀と言えるため、実際にそこまで相手に悪いと思って使っている場面はそう多くありません。

ビジネスでは他社の人間が相手の場合、何かを依頼する際には礼儀としてこの「お手数ですが」と用いることが多く、メールで依頼の内容を書いた後に、「お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします」のように使います。

立派な敬語表現になっているので、上司や目上の人に使っても失礼になることはありません。

「お手数ですが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「お手数ですが」は先のように、ビジネスにおける1つの礼儀として使われる言葉です。

そのため、そこまで意味を気にせず、何か頼みごとをする場合にはこのように使っておくものだと考えていいでしょう。

口頭でも普通に使うことができるので、文章専門の表現という訳ではありません。

普段から付き合いのある同僚に対して使うことはあまりありませんが、社内であってもあまり親しくない人、上司、目上の人に何かをお願いする時にはこのように使っておくもので、それによって失礼になることはなく、むしろ、こう一言添えるのが当たり前だと考えておいた方がいいかも知れません。

「お手数ですが」を使った例文

・『大変お手数ですが、折り返しのお電話をいただきたいのですが』
・『お手数ですが、それについて以前にお送りしました書類をご確認ください』

「お手数ですが」の類語や言い替え

「ご面倒をおかけしますが」
「お手数ですが」を少し丁寧にした表現です。

「お手数ですが」のままで誰に対して使っても失礼になることはありませんが、依頼する内容がそれなりに手間になると思った時には、こちらにしておくといいでしょう。

「ご厄介をおかけしますが」
こちらは結構な頼みごとになってしまったといった場合に適しています。

「お手数ですが」では少し表現的に軽いと思った場合に使うことが多く、使われた相手としても、こちらの方が印象に残り、悪い気はしないものです。

まとめ

「お手数ですが」は、ビジネスで頼みごとをする際にこのように添えておく、礼儀となる言葉です。

特に他社の人間に対してのお願いごとにはその内容に関わらずこう使っておくもので、それが少し面倒なことだと思った時には類語に挙げた2つの方に代えて使うといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました