「お返しができるように」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お返しができるように」とは? ビジネス用語

ここでは「お返しができるように」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「お返しができるように」とは?

「お返しができるように」は、その相手に何かしらの恩があり、それを返せるようにという意味で使われます。

以前に仕事で少し世話になったことがあるといった場合に、次にまた一緒に何かを行うことになった際に「この前のお返しができるように頑張ります」のように用いるという具合です。

それができるようにという意志表明になるので、以前の恩を返したいと考えているのだと伝えることができます。

先のように、その相手に以前に明らかに世話になったという場合には、次に何かがあった際にこのように使うのが礼儀となりますが、お返しができそうなシチュエーションでないと合わない表現のため、なかなかその機会がないということも多いものです。

そのような時には少し間があってもその機会がきたというタイミングで「あの時のお返しができるように〜」のように用いれば構わず、しばらく機会がないと思えば将来的に「いつかお返しができるように〜」といったように使うこともできます。

「お返しができるように」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「お返しができるように」は、そのように考えていると伝えてはいるものの、実際にそれができるかどうかはまた別です。

よって、気持ちだけでも伝えたいという使い方をすることも多く、このように使われた側もそこまで期待はしないものです。

口語、文章のどちらでも使うことができますが、どちらの場合でも前述のように気持ちだけという用い方がまま見られます。

ですが、それでもこのように伝えられて悪い気はしないものなので、ビジネスシーンで他社が相手の時には積極的に使って構わない表現です。

プライベートなシーンでも使うことができるので、個人的に世話になったことがある人にちょうど使えると思った機会に用いることも少なくありません。

「お返しができるように」を使った例文

・『この前のお返しができるように努力したいと思います』
・『先日は大変お世話になりました。

その時のお返しができるように今日は頑張ります』

「お返しができるように」の類語や言い替え

・『恩返しができますように. 』
こちらは「お返し」の代わりにその表現よりも重い「恩返し」としていることから、それなりに大きな件で世話になったといった場合に向いている表現になります。

そのため、多少のことでは少し大袈裟になってしまうので注意してください。

まとめ

「お返しができるように」は、以前に世話になったことをお返ししたいと考えて使う表現になります。

あくまで気持ちだけの表現になりますが、礼儀として使うことも多いので、ビジネスでは他社に対して用いられることが多いです。

タイトルとURLをコピーしました