「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」とは? ビジネス用語

ここでは「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」とは?

「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」は、この前に電話で連絡をしたものの、それが繋がらなかったのでこのメールを送っています、といった意味で用いる文章専門の表現になります。

よって、文章でもメール専門となり、この後には「失礼します」「○○の件をお伝えいたします」などと続けてそのメールの冒頭の挨拶文にして使います。

電話が繋がらなかったので、という表現になるため、注意しなくてはいけないのは、相手の会社に電話を掛けて、席を外している、または不在だと言われたような時には使えないという点です。

この表現は相手の携帯電話に直接掛けて、繋がらなかった時のみ使うことができます。

それ以外の先のようなケースでは、そちら合った別の表現を使ってください。

「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」は、前述のように、相手への電話が繋がなかったというシチュエーションのみで用いることができます。

席を外していた、外出中だったといった時には向いておらず、無理矢理使えないこともありませんが、あまり推奨されません。

特にビジネスシーンで使ってしまうと、いつ携帯電話に連絡があったのかと相手に考えさせてしまうことになってしまう場合があるので、やめておいた方がいいでしょう。

そちらのケースでは、「お電話でご連絡がとれませんでしたのでメールにて」とするとよく、その表現であれば、携帯電話に掛けて繋がらなかった時のこの「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」と使うケースも兼ねているため、より使いやすい表現となっています。

「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」を使った例文

・『何度か携帯電話の方にお掛けいたしましたが、お電話が繋がりませんでしたので、このメールにてお伝えいたします』
・『お電話が繋がりませんでしたのでメールにて失礼いたします。先日の件ですが、予定通り進めていただきまして結構です』

「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」の類語や言い替え

・『お電話でお伝えできませんでしたのでメールにて』
こちらも、相手が席を外していた、不在だったといった時に使える表現になります。

そして、「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」と使えるシチュエーションでも用いることができるという点も一緒です。

まとめ

「お電話が繋がりませんでしたのでメールにて」は、その相手への電話が繋がなかったという場合にのみ、その代わりにこのメールを送っているという意味で使うことができる表現です。

それ以外の理由で電話で連絡がつかなかった場合には、類語で挙げたような表現を使うといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました