「この度はありがとうございました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「この度はありがとうございました」とは? ビジネス用語

ここでは「この度はありがとうございました」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「この度はありがとうございました」とは?

「この度はありがとうございました」は、このように使う相手に対しての感謝の表現になります。

「この度」とあるように、その時に起こった(ほんの少し前の)出来事に対する感謝を表しており、この感謝の対象は様々な内容にわたります。

例えば、こちらの要求通りに何かをしてくれた、こちらの誘った会合などに来てくれたといったようなことから、少し時間をとってくれただけでもこのように伝えておくことで、相手としても悪い気はしません。

むしろ、明らかに何かをしてくれたといった場合より、ちょっとしたことに対して使うことで、この人は気を使える人だと思ってもらうことができます。

「この度はありがとうございました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「この度はありがとうございました」は、感謝を伝えるべき出来事があった直後に用いるのが基本です。

少し後になってしまうと、折角の感謝の表現も、それが遅いと思われてしまうことがあるため、できるだけ早めに伝えないといけません。

メールでそれに該当することがあった時には、その返信で伝えればちょうどよく、実際にその相手と一緒に何かをしたような場合には、それが終わった後にすぐに伝えるといいでしょう。

そのように口語、文章のどちらでも使うことができるので、ビジネスではよく使うシーンがあり、これが使えるシーンできちんと伝えることができると、その相手との関係も悪くなることはないでしょう。

「この度はありがとうございました」を使った例文

・『この度はありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします』

「この度はありがとうございました」の類語や言い替え

「先ほどはありがとうございました」
「先ほど」「この度」と同様に、過ぎ去った直前の出来事の表現に適しています。

こちらにしてもほとんど解釈は同じで、どちらを使ってもほとんど変わりはありません。

「先日はありがとうございました」
この表現だと、感謝するべき出来事の後日に使うことができます。

メールでの返信であれば、日をまたいでも「この度は~」と使えることがありますが、後日になってしまった場合にはそちらよりこちらを使った方がスムーズです。

まとめ

「この度はありがとうございました」は、直前の出来事に対する感謝を表すための表現です。

ちょっとしたことに対して使っても構わないため、そういった場合こそこちらの気遣いをアピールするためにうまく用いることができます。

タイトルとURLをコピーしました