「これからも頼りにしています」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「これからも頼りにしています」とは? ビジネス用語

今回は「これからも頼りにしています」という表現について解説していきます。

正しい言い回しなのでしょうか?詳しく見てみましょう。

「これからも頼りにしています」とは?

「これからも」「今後も」、という意味です。

「も」となっているので、「これまでも」関係があり、変わりなく今後も、ということになります。

「頼りにしています」は、「あなたを信頼しています。

困ったときに助けてくれる、または望みをかなえてくれると期待しています」
という意味で、つなげると「今後もこれまで同様、困ったときは助けを求めるのでよろしくお願いします」ということになります。

「これからも頼りにしています」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「これからも頼りにしています」はどのように使うのが正しいのでしょうか。

「これからも頼りにしています」というフレーズは、ビジネスシーンでは部下が上司に感謝の気持ちを伝える場面で使われることが考えられます。

また、逆に上司が信頼する部下に「○○さんをこれからも頼りにしています」とねぎらいの言葉をかけることもあるでしょう。

上司、部下の間だけでなく、助けてくれる同僚に「これからも頼りにしています」とお礼のメールや年賀状などの挨拶状で感謝を伝えるために使うのも良いでしょう。

これまでの感謝を伝えつつ、同時にこれからもお世話になるので引き続きよろしくお願いしますというお礼と、今後の関係性を確認するという2つの意味を併せ持つビジネス構文です。

こういった相手をねぎらう言葉は関係を良好に保ち、仕事をスムーズに進めるためには欠かせないものです。

一言あるだけで相手の印象はグッと良くなるので、積極的に使っていきましょう。

「これからも頼りにしています」を使用した例文

『○○さん、いつもお世話になっております。これからも頼りにしています』
『この企画は○○さんがいなければ完成できませんでした。これからも頼りにしています』
など、メールでも、口頭で直接伝えることもできる言い回しです。

「これからも頼りにしています」の類語や言い替え

別の言葉で表現するのであれば、「いつも助かっています、これからもよろしくお願いします」「これからもお任せするので、引き続きよろしくお願いします」「○○さんがいると心強いです、これからもよろしくお願いします」など「信頼しているので、今後もお助けください」ということを伝えられるものにします。

まとめ

「これからも頼りにしています」は、全幅の信頼を置く相手に、これまでも困ったときは助けてもらっていたが、これからも変わらず助けてくださいね、期待していますということを伝える文です。

ねぎらいの言葉、感謝の言葉、今後の関係を確認するという側面があるフレーズです。

タイトルとURLをコピーしました