「これまでと変わらない」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「これまでと変わらない」とは? ビジネス用語

ここでは「これまでと変わらない」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「これまでと変わらない」とは?

「これまでと変わらない」は、今までと同じと解釈できる表現です。

この表現だけではその意味だけの言葉ですが、ビジネスシーンでもよく用いられており、例えば「これまでと変わらないお付き合いのほど~」といったような使い方は挨拶表現ではおなじみです。

そのような使い方でビジネスで見聞きする以外にも、何かが今までと同じだというそのままの意味で、「使い方はこれまでと変わらない」などと用いられることも多く、特にビジネス用語という訳でもありません。

そのような何かの操作、何かの状態といったものが主な対象になるので、あらゆるシーンで活用されている表現ですが、使い方次第でいい意味にも悪い意味にもなるという性質があるため、どういう意図をもって使うのかを考えた上で用いるようにしないといけません。

「これまでと変わらない」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「これまでと変わらない」は、「状況は悪くなってはおらず、これまでと変わらない」のように使うと、まずまずいい意味で使っていると捉えることができます。

ですが、「何をしてもよくならず、全くこれまでと変わらない」などとすると、悪い意味での現状維持という解釈になってしまい、先のように、この表現自体よりもどのような使い方をするのかがポイントになります。

ビジネスシーンではあまり悪い意味で使われることはなく、「これまでと変わらないのでご安心ください」といったような使い方がよく見られます。

口語、文章のどちらでも使うことができ、プライベートなシーンでもよく用いられていますが、その変わらないことがいいのか悪いのかはやはり使い方次第です。

そのいい、悪いという以外にも、下に挙げる例文の上のような用い方をすることもできます。

「」これまでと変わらないを使った例文

・『燃料費高騰のため、これまでと変わらない価格を維持するのは難しいと判断し、この値上げに踏み切った次第です』
・『難易度はそれほどこれまでと変わらないと思いますが、多少難しくなっているかも知れません』

「これまでと変わらない」の類語や言い替え

・『以前と同様』
少し堅くした表現になり、意味は「これまでと変わらない」と一緒です。

使い方も同じなので、この後に「の」「に」「だ」などの適切な助詞をつけて言い替えに使うことができます。

まとめ

「これまでと変わらない」は、今までと同じという意味で使われている表現です。

それだけの意味ですが、使い方が豊富で、それによってこのように使った文章をよくも悪くもできるのが特徴だと言っていいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました