「ご再考頂けないでしょうか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご再考頂けないでしょうか」とは? ビジネス用語

ここでは「ご再考頂けないでしょうか」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご再考頂けないでしょうか」とは?

「ご再考頂けないでしょうか」は、考え直してもらえないでしょうかと伝えるために使います。

よって、この表現を使うのは、一度こちらの希望や提案やを断られた時になります。

それに対して考え直して欲しいと丁寧に伝えるために用いる表現で、ビジネスシーンでよく使われています。

考え直して欲しいというお願いになるため、相手がそれを聞いてくれるかはその内容や相手の都合次第というになり、一度断られているだけに難しい場合もあります。

ですが、それはそのままの内容で考え直して欲しいとこの表現を使って伝えた場合で、「一部をこのように変更しましたので、ご再考頂けないでしょうか」のように、どこかを変えたのでこれでどうでしょうかといった使い方をすることもでき、実際にはそのような使い方になることが多い表現です。

「ご再考頂けないでしょうか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご再考頂けないでしょうか」は、口語、文章のどちらでも使うことができますが、文章の方で用いられることが多い表現です。

それは一度断られているだけに、口語では伝えにくいことが多いのと、以前とは内容を変えた時にその詳細を全て言葉で伝えるのは難しいことがあるためです。

ビジネスシーンでのやりとりで、相手から指摘があり、その点をいくつかを変えたような時には、それについての内容と共に「この内容でご再考頂けないでしょうか」などという使い方が多く、変更点をまとめたものをファイルにして添付し、本文でこの表現を使ってメールで送付するという場面もよく見られます。

「ご再考頂けないでしょうか」を使った例文

・『ご指摘の点以下のように変更しましたので、この内容でご再考頂けないでしょうか』
・『価格について一部見直しを行いました。

こちらでご再考頂けないでしょうか』

「ご再考頂けないでしょうか」の類語や言い替え

・『ご一考頂けないでしょうか』
こちらの表現は、考えてもらえないかという意味になります。

「こちらの内容でご一考頂けないでしょうか」のような使い方になり、最初(一度目)の希望やお願いに使われます。

それで通らなかった時に、内容を修正して「ご再考頂けないでしょうか」と使うという順番になります。

まとめ

「ご再考頂けないでしょうか」は、もう一度考えてくださいといった意味になります。

その考えてもらう内容を多少なりとも変更して使うことが多く、それによって考え直して欲しいという使い方が多い表現です。

タイトルとURLをコピーしました