「ご回答いただけますか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご回答いただけますか」とは? ビジネス用語

ここでは「ご回答いただけますか」の使い方やその際の注意点、言い替え業現などを詳しく居ていきます。

「ご回答いただけますか」とは?

「ご回答いただけますか」は、答えてくださいという意味を丁寧に伝えている表現になります。

こちらからの問い掛けに対する答えを求める時や、これを聞きたいといった場合に用いられる表現で、ビジネスで他社に対して使われることも多いです。

その他のシーンでもアンケートに答えてもらう際に「以下の項目にご回答いただけますか」と使ったり、義務ではない意見や要望を求める時に「よろしければご回答いただけますか」のような用い方ができます。

その他の意味はなく、難しい使い方もしないため、何かに答えて欲しいと丁寧に相手に伝える時にこのまま使うことができ、汎用性の高さから色々な場面で見聞きする表現です。

口語、文章のどちらでも用いられていますが、どちらかと言えば文章向けで、答えて欲しい内容と共に使われます。

「ご回答いただけますか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご回答いただけますか」は、相手からの回答を求めている表現ですが、場合によっては必ずしもそれがあるとは限りません。

特にいつまでにと締め切りになる日時を設定して使ったような場合には、その期間に回答はないことも少なくなく、回答を強制している訳ではないのでこのように使えば回答が得られるという性質の表現ではないと覚えておきましょう。

また、文章で使う際には「回答」「解答」と間違えないように気をつけてください。

「回答」はどのようなものであっても返ってくる答えであればそのように表せますが、「解答」となると、正解になる答えという意味になってしまい、テストなどの正当を求める場合でないと使うことができない言葉になるため注意してください。

「ご回答いただけますか」を使った例文

・『恐れ入りますが、以下の質問にご回答いただけますか』
・『10日の15時までにこのメールへの返信という形でご回答いただけますか』

「ご回答いただけますか」の類語や言い替え

・『ご回答いただけますと幸いです』
意味としては「ご回答いただけますか」と同じですが、「幸いです」とすることで丁寧な形になります。

こちらにすれば誰に対して使っても失礼になることはなく、他社の人間に使う場合にはできればこの形にすることが推奨されます。

まとめ

「ご回答いただけますか」は、何かに答えて欲しいと伝えている表現です。

丁寧な形なのでこのままでもまず失礼にはなりませんが、更に丁寧にしたい場合には類語として挙げた語尾を「幸いです」にした形を用いるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました