「ご変更いただけないかと考えているのですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご変更いただけないかと考えているのですが」とは? ビジネス用語

ここでは「ご変更いただけないかと考えているのですが」の使い方やその際の注意点などを詳しく見ていきます。

「ご変更いただけないかと考えているのですが」とは?

「ご変更いただけないかと考えているのですが」は、既に決まった何かを変更してもらえないかと伝えている表現です。

主にビジネスシーンで使われる表現で、そこまで強く変更して欲しいと伝えてはいないところがポイントです。

具体的には、「この部分の仕様をご変更いただけないかと考えているのですが」のように用いて、この後に「それは可能でしょうか」と続けた場合、変更ができるかどうか聞いており、「どれくらい日数が掛かりますか」とした時には、変更をしてもらうことは前提で話をしていることになります。

いずれの場合も使われた側は断っても構わず、強く変更を求められていることにはなりませんが、言いたいことはきちんと相手に伝わっています。

口語、文章のどちらでも使えますが、変更内容が多い場合や複雑な説明になる時には文章の方が向いています。

「ご変更いただけないかと考えているのですが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご変更いただけないかと考えているのですが」と使って何かの変更を求めた場合、先のようにそこまで強いお願いの表現にはなっていません。

そのため、変更してもらえなければ困るといったシチュエーションには向いていませんが、一度決まった何かを変えて欲しいという場合に使うだけに、やんわりとそれを変更できないものかと伝えるのにはちょうどいい表現です。

このようなお願いの仕方であれば角が立つこともなく、相手としても断ることはできるものの、全く考えてもらえないということはありません。

強くは伝えていないながら、実際にこのように使われてみると意外と断りにくいもので、そこが狙いとも言える表現となっています。

「ご変更いただけないかと考えているのですが」を使った例文

・『お伺いする日時をご変更いただけないかと考えているのですが、○日以降でご都合のつく日時をお知らせいただけますか』
・『価格を少しご変更いただけないかと考えているのですが、どれくらいまで値引きが可能でしょうか』

「ご変更いただけないかと考えているのですが」の類語や言い替え

・『できましたらご変更をお願いしたいのです』
こちらも決して強くはなく、何かを変更したいと伝えるために使うことができます。

「できましたら」としているので、決して無理には言っておらず、それでいて「ご変更いただけないかと考えているのですが」と同様の断りにくさのある表現です。

まとめ

「ご変更いただけないかと考えているのですが」は、やんわりと何かを変えて欲しいと伝えている表現です。

その性質から、ビジネスシーンでできるだけ角を立てずにそのようなお願いをする場合にとてもに向いています。

タイトルとURLをコピーしました