「ご多忙な時期に申し訳ありませんが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご多忙な時期に申し訳ありませんが」とは? ビジネス用語

今回は「ご多忙な時期に申し訳ありませんが」という表現について解説していきます。

どんな時に使うのが正しいのでしょうか?詳しく見てみましょう。

「ご多忙な時期に申し訳ありませんが」とは?

「ご多忙」は、「とても忙しい」という意味の「多忙」に、丁寧語の「ご」をつけた語です。

「申し訳ありませんが」は、「申し訳ない」の丁寧語表現「申し訳ありません」に逆説の「が」を続けたもので、一文にすると(相手が)「とても忙しいであろう時にすまないが」と何かを依頼したり、返答が欲しいといった時に、ストレートに「〜をお願いしたい」と伝えるのではなく、気を使って使用する「クッション言葉」の一つです。

「ご多忙な時期に申し訳ありませんが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「ご多忙な時期に申し訳ありませんが」はどのように使うのが正しいのでしょうか。

「ご多忙な時期に申し訳ありませんが」というフレーズは、ビジネスシーンでは相手に対し、忙しいのは分かっているが、そんな中でもどうしても依頼しなければならない場合に使われます。

取引先、協力会社に限らず、同じ社内の同僚、上司など自分以外の誰かに何かを頼む場面で、相手を問わず使われる言い回しです。

実際は相手が本当に忙しいかどうかは判断がつきませんが、こちらが何かを依頼するという立場であることから、手間をかけて申し訳ないが、と謙虚な姿勢でいることを示しているわけです。

ビジネス上、定型文としていわゆる社交辞令的に使うこともありますが、依頼するものが複雑な内容の時は、こういったクッション言葉があるかないかにより、相手の印象がかなり変わるので添えるのを忘れないようにしましょう。

「ご多忙な時期に申し訳ありませんが」を使用した例文

『ご多忙な時期に申し訳ありませんが、○日までにお返事頂けると幸いです』
『ご多忙な時期に申し訳ありませんが、先日ご依頼した○○の件よろしくお願いします』
など、それほど堅苦しい表現ではないため、メールでも、口頭で直接伝えることもできます。

「ご多忙な時期に申し訳ありませんが」の類語や言い替え

「ご多忙な」「お忙しいところ」「ご多忙中」「ご多用のところ」などに言い替えられます。

「申し訳ありませんが」は、「恐縮ですが」「恐れ入りますが」という表現を使ってもよいでしょう。

いずれにしてもこちらが依頼する立場であり、下からお願いするということを示す必要があります。

まとめ

「ご多忙な時期に申し訳ありませんが」は、何かを依頼したい場合に使う「クッション言葉」の一種です。

ストレートに「お願いしたい」と言うより、相手の事を気遣っているという姿勢を見せるために使用されます。

特に手間がかかる案件を依頼するような時はこうした言葉が持つ意味は大きなものとなります。

タイトルとURLをコピーしました