「ご提供いただくことは可能でしょうか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご提供いただくことは可能でしょうか」とは? ビジネス用語

ここでは「ご提供いただくことは可能でしょうか」の意味や使い方について、詳しく説明していきます。

「ご提供いただくことは可能でしょうか」とは?

「ご提供いただくことは可能でしょうか」は、何かを差し出してくれないかとお願いするために使う表現です。

その意味のように、直接的に伝えては失礼になることがあることからこのように用いるもので、無料で提供して欲しいと伝えています。

ビジネスで使われることがほとんどで、こちらが小売店という立場で、取扱うか決めかねている商品があるような場合に、その商品のメーカーに対して「まずはサンプルとして、2、3個ほどご提供いただくことは可能でしょうか」といったように用います。

「可能ですか」と疑問系にはしているものの、要は無料で欲しいと言っていることになるので、そうしてもらえる相手に対してのみ用いることができ、ぞレガ難しいと思われる相手には使えない表現になります。

「ご提供いただくことは可能でしょうか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご提供いただくことは可能でしょうか」は、ビジネスで口頭、文章のどちらでも使われます。

もっと直接的に伝えた方が分かりやすいものの、それでは失礼になると考えるビジネスならではの表現だと言っていいでしょう。

先のように、もちろんそれをしてもらえる可能性の高い相手にのみ使うものですが、必ずしもそうしてもらえるとは限らないので、それには留意しておく必要があります。

ですが、このように使われた側としては、断るようなことはあまりなく(こう使われる方は立場上、それができないことが多いので)、あまりに要求の量が多いような場合に、そこまでは無理なのでこれくらいの量でといった返答があるかも知れないという具合です。

「ご提供いただくことは可能でしょうか」を使った例文

・『とりあえずこの数だけ欲しいのですが、ご提供いただくことは可能でしょう』
・『他社商品との比較のため、いくつかご提供いただくことは可能でしょう』

「ご提供いただくことは可能でしょうか」の類語

「ご提供いただけませんでしょうか」
こちらでも特に失礼になることはなく、置き換えに使うことができます。

ですが、「ご提供いただくことは可能でしょうか」の方がより丁寧で下から言っている表現になるため、このようなことを伝えるのが初めての相手であれば、無理にこちらにすることはなく、そのまま「ご提供いただくことは可能でしょうか」と使った方がいいでしょう。

まとめ

「ご提供いただくことは可能でしょうか」は、無料で何かを提供して欲しいと伝える時に使います。

ビジネス上の立場や付き合いから、そのような頼みが聞いてもらえる相手に対して用いるもので、極力失礼にならない要求の表現です。

タイトルとURLをコピーしました