「ご検討いただけるようでしたら」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご検討いただけるようでしたら」とは? ビジネス用語

ここでは「ご検討いただけるようでしたら」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご検討いただけるようでしたら」とは?

「ご検討いただけるようでしたら」は、考えていただけるのでしたらと解釈する表現です。

その余地があればどうぞよろしくお願いいたしますといったような使い方になり、その相手にこちらからの提案や見積もりなどについて、それで構わないか考えて欲しい場合に用いられます。

具体的には先に見積もり内容を提示して、「こちらでご検討いただけるようであれば幸いです」のように使い、この場合は提示した見積もりでいいのか考えて欲しいと伝えています。

よって、意味としては「ご検討ください」と使っているのとあまり変わりませんが、そのように言い切ってはおらず、意味を変えずに丁寧な言い回しにしたものだと考えてください。

使われた側としても、こちらの方がマイルドに感じられて受け取りやすい表現です。

「ご検討いただけるようでしたら」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご検討いただけるようでしたら」は、この後に先のように「幸いです」とつけて使うことが多いです。

そこまでを合わせて「ご検討ください」、または「ご検討いただけますでしょうか」といった形と意味としては一緒で、いずれもこの前に提示した内容について考えて欲しいと伝えています。

要は言い回しを変えているだけですが、ビジネスシーンで他社に対して使う場合にはこの「ご検討いただけるようでしたら幸いです」といったような丁寧な形が望ましく、同じ意味でもこちらを使って悪いことは何もありません。

それでいいと考えて(そのように決めて)もらえるなら連絡が欲しいといったような使い方をすることもでき、口語でも使われますが、文章で用いられることが多いです。

ビジネスシーン以外でも、こちらが客側に相当する場合にいくつかのプランを提示されるようなケースでこの表現が使われることがあります。

「ご検討いただけるようでしたら」を使った例文

・『こちらのご提示しました内容でご検討いただけるようでしたら幸いでございます』
・『ご検討いただけるようでしたら、ご連絡をいただけますと幸いです』

「ご検討いただけるようでしたら」の類語や言い替え

・『ご一考いただけましたら』
こちらは「一度考えていただければ」といった意味になる表現です。

やはり、この後には「幸いです」「ご連絡をいただけますでしょうか」などという文言が続く使い方になり、こちらもビジネスシーンでよく用いられています。

まとめ

「ご検討いただけるようでしたら」は、考えてもらえるのでしたらという意味になります。

もちろんこちらに対していい方に考えて欲しいといった解釈になり、ビジネスでそのような場面ではよく使われています。

タイトルとURLをコピーしました