「ご確認いただけますと幸いです」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご確認いただけますと幸いです」とは? ビジネス用語

「ご確認いただけますと幸いです」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「ご確認いただけますと幸いです」とは?

この言いまわしは、こちらから送った書類やメールの内容を見て確かめてほしいとお願いするときのフレーズです。

内容を確かめるとは、送ったメールや書類、品物などが届いているか、数量は合っているか、必要な物がすべて揃っているかなどを確かめてもらいたい時に用いられます。

形式的な表現ではありますが、双方で確認することを促して連絡ミスなどを防ぐ効果があります。

また、「幸いです」「自分にとって嬉しいことです」との意で、柔らかく依頼するのに適した表現です。

「ご確認いただけますと幸いです」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしの具体的な使い方について記載します。

例えば、相手に伝えたい詳細の内容を記載したものを添付ファイルにしてメールと一緒に送付した場合、添付ファイルがきちんと添付されて送られているか、相手の端末でファイルが問題なく開けるかなどを確かめて欲しいときに用いられます。

「ご確認いただけますと幸いです」の正しい敬語表現

この言いまわしは「ご確認」「いただけますと」「幸いです」で成り立っています。

「ご確認」「確認」に接頭辞「ご」がついたものです。

接頭辞「ご」の敬語の種類は尊敬語、謙譲語、丁寧語のいずれにもなります。

ここでの「確認」は相手の動作で、相手に敬意を示すことになりますので敬語の種類は尊敬語です。

「いただけます」は動詞「もらう」の謙譲語「いただく」の連用形に丁寧語の「ます」ついたもので、それに助詞の「と」が付加しています。

「ご確認いただけますと」「確認してもらえると」といった意になります。

「幸いです」「幸いだ」の丁寧語です。

尊敬語、謙譲語、丁寧語がありますので、目上の人やお客様に使えます。

「ご確認いただけますと幸いです」を使った例文

この言いまわしを用いた例文を以下に紹介します。

なお、「お忙しいところ恐れ入りますが」などのクッション言葉を併用すると、より丁寧な表現になります。

・『資料をご送付いたしましたので、ご確認いただけますと幸いです』
・『お忙しいとは存じますが、ご確認いただけますと幸いです』
・『お忙しいところお手数をおかけしますが、ご捺印の際には利用規約をご確認いただけますと幸いです』

「ご確認いただけますと幸いです」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『ご確認いただければ幸いです』
・『ご確認いただけましたら幸いです』
・『ご確認賜れますと幸いです』
・『ご確認いただけますと幸甚に存じます』
・『ご確認ください』
・『ご確認いただけますか』
・『ご確認願います』
・『ご確認のほどお願いいたします』
「幸甚に存じます」はこの上なく幸せに思いますの意で、「幸いです」よりも丁寧な敬語表現です。

まとめ

この言いまわしは、どちらかというと確認して欲しい時に使うフレーズで、どうしても確実に確認してほしい場合、このフレーズは使えません。

その場合は「確認のほどよろしくお願いいたします」と言うフレーズを用いましょう。

タイトルとURLをコピーしました