「ご確認なさってください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご確認なさってください」とは? ビジネス用語

今回は「ご確認なさってください」という表現について解説していきます。

正しい言い回しなのでしょうか?詳しく見てみましょう。

「ご確認なさってください」とは?

「ご確認」は、「確認」「確かめること」で、「ご」を頭につけ丁寧な表現にしたもの、「なさってください」は、「する」の尊敬語「なさる」に補助動詞「ください」をつなげたものです。

「ご?ください」が敬語の型になります。

これらをつなげ一文にした「ご確認なさってください」は、「確認してください」の尊敬語表現です。

「ご確認なさってください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「ご確認なさってください」はどのように使うのが正しいのでしょうか。

ビジネスシーンにおいて使われる機会が非常に多い「確認してください」という言葉は、そのままでは上の人や取引先の人には失礼となってしまいます。

「してください」は丁寧ではあるものの、命令形であるからです。

これを尊敬語表現としたものが「ご確認なさってください」というフレーズになります。

「確認してください」「ご確認してください」として、敬語として使われている場合がありますが、「ご確認してください」「ご確認する」という謙譲語と、?くださいという丁寧・尊敬語表現が混じってしまい、誤った用法であるため注意しましょう。

「ご確認なさってください」、もしくは「ご確認ください」が正解です。

「ご確認なさってください」であれば、目上の人や社外の人問わず使用して問題ありません。

口語で使う場合は、「ご確認ください」と言うケースが多いでしょう。

「ご確認なさってください」を使用した例文

『詳細についてはメールでお送りしますので、ご確認なさってください』
『本日の資料はこちらです、ご確認なさってください』
『日程についてはこちらの用紙をご確認なさってください』

「ご確認なさってください」の類語や言い替え

「ご確認なさってください」は前述した「ご確認ください」のほかに、「ご確認くださいませ」「ご確認のほどお願いいたします」「ご確認くださいますよう、お願いいたします」と言い替えることができます。

神経質になる必要はありませんが、人によっては「ください」と言う言葉が強めで、命令的にとられてしまうこともあるようです。

「お願いいたします」を使った表現が好まれる場合もあるので、臨機応変に対応しましょう。

まとめ

「ご確認なさってください」は、「ご確認ください」と並んでビジネスシーンにおいては非常によく使われる言い回しです。

「ご確認してください」は誤りなので、間違わないように注意が必要です。

目上の人はもちろん相手を問わず使える表現です。

タイトルとURLをコピーしました