「ご考慮いただきありがとうございます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご考慮いただきありがとうございます」とは? ビジネス用語

「ご考慮いただきありがとうございます」とは、どう言った意味で、どのように使われるのでしょうか?

「ご考慮いただきありがとうございます」とは?

「ご考慮いただきありがとうございます」「考慮していただきありがとう」という意味です。

考慮の意味は、物事を、いろいろの要素を含めてよく考えることです。

上司や目上の人、ビジネスメールに使うフレーズで好感が持てます。

ご考慮いただきは「考慮してもらい」の意味の謙譲語ありがとうございますのお礼になります。

「考慮」は、ただ「考える」だけではなく、「色んな状況や要因をふまえたうえで、しっかりと考える」と言った、慎重に考えることを表します。

「ご考慮いただきありがとうございます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

上司や目上の人、社外に使える丁寧な敬語です。

「ご考慮いただきましてありがとうございます」はより丁寧になります。

「ご考慮」の前には添える言葉は、相手を気遣う言葉にします。

「ご多忙にもかかわらず」と組み合わせます。

上司や目上の人、取引先のメールにも使えます。

よく似た言葉で「配慮していただきありがとうございます」とありますが、意味が違って来ますので注意しましょう。

「配慮」という言葉は、周囲の人に対して思いやりを持って言動することです。

「ご考慮いただきありがとうございます」を使った例文

・『ご多忙にもかかわらずご考慮いただきありがとうございます』
・『勝手を申し上げたにもかかわらずご考慮いただきありがとうございます』
・『ご多用にもかかわらずご考慮いただきありがとうございます』
・『ご無理申し上げたにもかかわらずご考慮いただきありがとうございます』

「ご考慮いただきありがとうございます」の類語や言い替え

「ご考慮いただきましてありがとうございます」
「ご考慮賜りありがとうございます」
「ご考慮賜りましてありがとうございます」
「ご考慮いただき感謝申し上げます」
「ご考慮頂きお礼申し上げます」
「ご考慮頂き深謝いたします」

まとめ

「ご考慮いただきありがとうございます」は、物事をいろいろとよく考えてもらってありがとうと言う気持ちを伝える言葉です。

ビジネスシーンで、丁寧な敬語を使ってお礼を言う時、目上の人や上司などに使います。

この言葉を使うことにより好感を持たれ、感謝の気持ちが伝わります。

メール文にも使えます。

言い替えも様々なフレーズがありますので、より丁寧に使いたい場合には、参考にすると良いでしょう。

文にする場合によく見かけるのが「ご考慮賜りましてありがとうございます」という言葉です。

「賜りまして」の意味は「してもらいまして」になります。

例文にも挙げたように、言葉の前にも相手を気遣う言葉を添えると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました