「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」とは? ビジネス用語

ここでは「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」とは?

「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」は、挨拶文の締めとなる言葉によく用いられています。

意味は「何より自分の健康を一番に考えて過ごしてください」となり、それを丁寧な形で表現したものです。

「専一」は一つの事柄だけに集中することですが、その他のことは一切省みないという意味も併せて持っているため、本来はあまりいい表現でもありません。

ですが、この「ご自愛専一」とすると、先のように何より健康が大切なので、ともかくそれを一番に考えて欲しいといった解釈になり、その他のことは省みないといった意味はあまり考えずに使うことができます。

そのため、失礼になることは全くない表現だと考えて構いません。

「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご自愛専一」は、挨拶文にてその季節なりの表現を使った後に用いられるのが通例です。

例えば、季節が夏の場合に「厳しい暑さが続きますが、どうぞご自愛専一にてお過ごしくださいませ」といった具合で、その時期が暑さや寒さによって体調を崩しやすいと思われる場合にうまく使えます。

そのため、春や秋にはあまり向いておらず、使う際には季節を選ぶ必要があります。

ですが、暑さと寒さの両方に使うことができるので、ビジネスでは文章専用でよく用いられており、親しい仲の友人などへの心遣いを兼ねた挨拶文にも向いています。

尚、この表現を使った挨拶文は、通常文末になります。

「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」を使った例文

・『本格的な寒さに向かう時節ですが、どうぞご自愛専一にてお過ごしくださいませ』
・『まだまだ暑さが続くかと思われますが、ご自愛専一にてお過ごしくださいませ』

「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」の類語や言い替え

「ご自愛ください」
何より健康が一番という意味ではなく、健康には気をつけてといった解釈になりますが、そちらはあまり気にせずに「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」と同様に使うことができます。

また、そちらより柔らかい表現になるため、この方が適している場合も多く、前に「どうぞ」とつけて使うことがほとんどです。

「お身体をお厭いください」
「お厭い」「おいとい」と読み、労ってくださいという意味になります。

よって、「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」と同様に相手の身体を気遣うために用いることができ、そこまで堅くならずに使うことができます。

まとめ

「ご自愛専一にてお過ごしくださいませ」は、相手の健康を第一に気遣うために使われる表現です。

実際にはそこまで意味は気にせずに、季節を表す表現と共に挨拶文に用いられます。

タイトルとURLをコピーしました