「ご送付いただけますでしょうか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご送付いただけますでしょうか」とは? ビジネス用語

ここでは「ご送付いただけますでしょうか」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご送付いただけますでしょうか」とは?

「ご送付いただけますでしょうか」は、何かを送ってもらいたいと相手に伝えるために使う表現です。

同様の表現の中でもとても丁寧な形なので、事情によってそれは無理だとしても、このように伝えられて悪い気はしないものです。

この「送付」は実際の郵送や宅配便を使ったものから、ファイルでメールに添付するといった送り方も含んでおり、そのどちらが希望なのかは別に表現する必要があります。

メールで送ってもらう場合には「できましたらメールにてご送付いただけますでしょうか」のような使い方になり、近年のビジネスシーンではそちらで使われることが増えています。

このように使ったとしても、先のように必ずそれを送ってもらえるかは分かりませんが、少なくとも表現として失礼になることはありません。

「ご送付いただけますでしょうか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご送付いただけますでしょうか」は、ビジネスシーンで資料のやりとりをしているような場面ではよく使われる表現です。

口語、文章のどちらでも使われており、電話口で「それでは、そちらの資料一式をご送付いただけますでしょうか」などと用いられることも多く、どのような方法で送ってもらいたいかをつけ加えて使います。

このように使われた側は、その希望通りに送付できるのかを確認し、無理なようであればその旨を返信する必要があります。

希望通りに可能であればそのまま送付という流れで構いませんが、一部でも無理なことがあれば、送付の前に送付自体はできるものの全ては用意できないなどといったような返信を行って、その反応待ちになるケースがほとんどです。

「ご送付いただけますでしょうか」を使った例文

・『申し訳ありませんが、その部品を宅配便にて弊社までご送付いただけますでしょうか』
・『必要な物にチェックをつけていただきまして、メールでご送付いただけますでしょうか』

「ご送付いただけますでしょうか」の類語や言い替え

・『ご送付くださいますでしょうか』
少し形を変えた表現になります。

こちらでも意味は全く一緒で、言い替え表現として利用することができます。

・『ご送付くださいますようお願いいたします』
「ご送付いただけますでしょうか」でも十分に丁寧な表現ですが、それを更に丁寧にした形になります。

よって、大事な相手への連絡にはこちらを使った方がいいでしょう。

まとめ

「ご送付いただけますでしょうか」は、何かを送って欲しいと相手に伝える表現になります。

その通りにしてもらえるかは分からないものの、あまりに無茶な内容でなければこの表現を使ってお願いをして失礼になることはありません。

タイトルとURLをコピーしました