「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」とは? ビジネス用語

ここでは「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」とは?

「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」は、こちらから提示した日程では都合が悪いのであれば、その連絡が欲しいと伝えている表現になります。

それがあれば別の日程を提示したり、相手の都合のいい日程を訊ねるという流れになるのが通常で、その意味から主にビジネスシーンで用いられています。

この「連絡」の方法についてを記載することもあれば、特にそうとはせず相手に任せる場合もあり、後者ではこの「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」と伝えた方法がメールであればメールといったように、同じ方法になることが多いと考えていいでしょう。

そして、いつまでにその連絡が欲しいということも一緒に伝えることがほとんどになります。

「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」は、先のようにその連絡の期限を決めないと、今になって言われても困るといったことが発生してしまう可能性があります。

よって、どんなことにでもすぐに連絡をしてくるようなレスポンスのいい相手でもない限り、この期限と共に使うものです。

この表現の間にそれを入れて、「ご都合が合わないようでしたら、○○日までにご連絡ください」のようにするとスムーズです。

連絡方法と合わせて、「ご都合が合わないようでしたら、○日までにメールにてご連絡ください」のような使い方も多く見られ、相手にそのように伝えたことを残すためにも文章で用いられることがほとんどになります。

その間に特に連絡がなければ当初の日程通りで構わないと言っているのと同じで、相手によっては特に異論がない場合でも、わざわざそれで構いませんといったような連絡をしてくることがありますが、その時にはそれをもって当初の日程通りに事を進めてしまっていいでしょう。

「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」を使った例文

・『ご都合が合わないようでしたら、来週の火曜日までにご連絡ください』
・『ご都合が合わないようでしたら、前日までに下記の電話番号までご連絡ください』

「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」の類語や言い替え

・『ご都合が悪いようでしたらご連絡ください』
こちらにしてもほとんど変わることはなく、どちらを使っても意味は一緒です。

ただし、この「悪い」という表現を用いると、相手にそれを悪いことだと想像させてしまう懸念があるため、ビジネスではこうとは使わない方が無難です。

まとめ

「ご都合が合わないようでしたらご連絡ください」は、提示した日程では都合がつかない場合には連絡が欲しいと伝えています。

その連絡の方法や期限を合わせて使うことが多く、それによってこちらのその後の進め方を決めるという具合になります。

タイトルとURLをコピーしました