「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」とは? ビジネス用語

「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」とは、どのような意味でどのように使うのでしょうか?

「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」とは?

【ごはいりょたまわりますようおねがいもうしあげます】と読みます。

「ご配慮」は、よく考えるという意味で、「周りに気を配ること」という意味になります。

「賜りますよう」は、「いただく」をより丁寧にした謙譲語です。

「お願い申し上げます」は、相手にお願いしたい気持ちを敬語にした言葉です。

「申し上げます」は、「言います」の謙譲語になります。

「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」は、「配慮してもらうようにお願いする」という意味です。

「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

相手に対して気配りの協力をお願いしますと伝えています。

気配りは自発的であるものという捉え方がありますが、相手にお願いするには、相手の理解を得ることになります。

この言葉を使う時の注意点は、なぜ配慮が必要であるのかの理由を伝えるべきです。

「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」を使った例文

・『恐れ入りますが、ご配慮賜りますようお願い申し上げます』
・『ご高齢のお客様の出入りが多くなりますので、ご配慮賜りますようお願い申し上げます』
・『他のお客様のご迷惑にならないようご配慮いただきますようお願い申し上げます』

「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」の類語

「ご配慮の程よろしくお願いいたします」
「ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします」
「ご配慮いただきますようお願い申し上げます」
「ご配慮いただきますようお願いいたします」

まとめ

「ご配慮賜りますようお願い申しあげます」とは、相手に状況を伝えて、相手からの理解と協力を得たい気持ちを伝える言葉です。

気配りや思いやりは要求するものではありませんが、この言葉によってお願いが出来ます。

配慮は自発的な言動になります。

「申し訳ありませんが、分かってほしい」という気持ちを伝えます。

相手から理解と協力を得たい気持ちの言葉です。

「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」は、とても丁寧な依頼表現になります。

「ご配慮賜りますようお願い申し上げます」は、「配慮してもらうようお願いする」という意味で、ビジネスシーンではより丁寧にお願いを出来ます。

「賜りますよう」という言葉は、ビジネスにおいてよく使う言葉です。

「〜してください」とお願いをするよりも柔らかい表現になります。

相手に対して、配慮してもらいたい時に使う敬語になります。

文書では、とてもよく出てくる言葉ですので覚えくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました