「ご依頼いただければ幸いです」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご依頼いただければ幸いです」とは? ビジネス用語

「ご依頼いただければ幸いです」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使い方や例文を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「ご依頼いただければ幸いです」とは?

「ご依頼」「依頼」「してもらう」の謙譲語「お(ご)~いただく」を使用して敬語表現とした語句です。

「いただければ」は謙譲語の「いただく」に仮定の「れば」を付加したものです。

この語句は「依頼してもらえれば」「依頼してもらえたら」という意になります。

「幸いです」「幸い」に丁寧語の「です」を付加して敬語にした語句で、「幸せです」「嬉しいです」の意になります。

よって、この言い回しは「依頼してもらえば幸せです」「依頼してもらえたら嬉しいです」という意です。

「ご依頼いただければ幸いです」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言い回しは、何らかの依頼をお願いする際のビジネスメールで使用します。

お客様や取引先はもちろん、上司や目上の人など社内メールでも使用できる丁寧で便利なフレーズです。

主に結び・締めくくりとして使用されますが、本文中に使用しても問題ありません。

「ご依頼をいただければ幸いです」という表現も正しい使い方です。

なお、この言い回しはビジネスメールにおいて使用するためのフレーズで、ビジネス会話や電話では使用しません。

会話や電話では「ご依頼ください」「ご依頼いただけますか」で大丈夫です。

「ご依頼いただければ幸いです」の正しい敬語表現

この言い回しは、上述の通り、謙譲語と丁寧語を使った正しい敬語表現です。

その他の敬語表現としては、「いただければ」の部分を「いただけましたら」としても丁寧な表現で正しい敬語になります。

この語句は丁寧語の「ます」が付加されたことでより丁寧なフレーズになっています。

「ご依頼いただければ幸いです」を使った例文

この言い回しの使い方としては、このフレーズの後に「よろしくお願いいたします」「何卒よろしくお願い申し上げます」といった一文を添えるとよいでしょう。

具体的な例文としては「ご記入が不明な個所につきましては各メーカー様にご依頼いただければ幸いです」などがあります。

「ご依頼いただければ幸いです」の類語や言い替え

このフレーズに類似した言葉や言い替えの一例を紹介します。

「ご依頼いただければ~」の部分を言い替えると、以下のような表現があります。

・『ご依頼いただけましたら~』
・『ご依頼賜りますと~』
また、「~幸いです」の部分の言い替えには以下があります。

・『~幸甚に存じます』
・『~(いただければ)と存じます』
・『~(くださいますよう)お願い申し上げます』

まとめ

この言い回しを正しく理解して使いこなせれば、正しい敬語で相手に失礼や違和感のないスムーズな文面でやりとりができます。

是非マスターしてください。

タイトルとURLをコピーしました