「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」とは? ビジネス用語

「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」とはどのように使う?

ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈していきます。

「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」とは?意味

「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」という言葉は、相手に対して、しっかりとこちらの言い分や詳しい説明をさせてもらいたい場面で使われるものであり、相手とこちらの考えに齟齬がありそうな場面でも使用されます。

通常は説明の時間をもらうことが出来ない場合でも説明したほうがお互いのメリットがありそうなときにも「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」という言葉を使って、説明機会を頂戴したりします。

「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスシーンで「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」を使用する場面として、自社の製品、サービスのメリットが十分に相手に伝わっていないと認識した時などに「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」という言葉を使って、説明する機会をもらえるようにお願いすることになります。

また、メールなどで使用する場合には、相手からサービス導入等に関して、ネガティブなニュアンスのメールが来た際に、その弁解をするために説明をしたいときなどに「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」という言葉を使います。

使用するときの注意点としては、相手が全くこちらの説明を望んでいない状態など、サービス導入や商品の購入の見込みがないときなどには使用するべきではなく、あまりしつこくお願いしてしまうと、お叱りを受けてしまう可能性もある点が挙げられます。

適切なタイミングで「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」を使うことで、相手の興味を引くことが出来るようになるので、使い方に注意が必要でしょう。

「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」を使った例文

・『ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら、サービス導入の結果、御社に生じるメリットについて詳細にお伝え出来ます』

「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」の返答や返信

「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」という内容のメールや会話の際の返答や返信の場合、その話に興味がない場合にはお断りをすることになります。

相手との継続的な関係を壊したくないという場合には、ダイレクトに断るのではなく、「申し訳ありませんが、今回の件はご遠慮させていただきます」等の相手に対する謝罪等を織り交ぜるとよいです。

まとめ

「ご説明のお時間を頂戴できるようでしたら」はビジネスの場面で使われることがあり、取引相手が使ってくることもあります。

しっかりとビジネス上のやり取りの際のマナー、使用方法を覚えておくことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました