「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします」とは? ビジネス用語

ここでは「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします」とは?

「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします」は、これから迷惑をかけることになるがよろしくお願いしたい、と相手に伝えるための表現です。

そのような解釈で使う表現になるため、用いることができるシチュエーションが限られており、例えば、相手の会社に常駐して業務を行うことになったような際に使うという具合です。

先の意味と同時に礼儀を兼ねて用いることになり、多くの場合で“迷惑になるかも知れない”というニュアンスで使うことになります。

このままの形でも構いませんが、「ご迷惑をおかけする“か”と思いますがよろしくお願いします」という形にして使うとそういったニュアンスが強くなるので、使われた側も受け取りやすくなり、解釈もスムーズになると考えていいでしょう。

「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします」は、口語、文章のどちらでも使うことができ、このように使う相手に何かしらのお世話になるという場合に使う表現です。

前述の常駐のようなケース以外に、その人にそれなりに面倒な頼みをすることになったという場合にもよく使われる表現で、この時にはそのまま用いて、先の途中の“か”は入れない方がいいでしょう。

それを入れると迷惑になると決まっている訳ではなく、そうなってしまうかも知れないというニュアンスになると書きましたが、面倒だと分かっているお願いをするような場合には、そうと分かっているという使い方の方が向いており、この“か”を入れるか入れないかの使い分けがポイントになる表現だと言ってもいいでしょう。

「」ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いしますを使った例文

・『来週よりご一緒させていただくことになりました。ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします』
・『何分急なお願いなってしまいまして、ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします』

「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします」の類語や言い替え

・『ご面倒をおかけすると思いますがよろしくお願いします』
こちらは何かをお願いする場合専用の表現になります。

つまり、「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします」をそちらとして使う場合の言い替え表現になります。

まとめ

「ご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします」は、これから行うこと、またはお願いすることがその相手の迷惑になると考えて使う表現になります。

前者の場合には途中に“か”と入れて「ご迷惑をおかけするかと~」と使うとよく、そちらの方が使われた側も受け取りやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました