「ご連絡ください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご連絡ください」とは? ビジネス用語

ここでは「ご連絡ください」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご連絡ください」とは?

「ご連絡ください」は、連絡をしてもらって構いません、と伝えるために使われる表現です。

連絡が欲しいと言っている訳ではないところがポイントで、このような場合には「ご連絡ください」といった使い方になります。

「ご不明な点がありましたら、いつでもご連絡ください」のような形でよく使われており、不明に思う点があれば、連絡をしてもらって構いませんと伝えています。

その連絡をするべき状況や状態にならなければそれがあることはないと考えて使うことができるため、先のようにいつでもそうしてくださいという用い方も多く、ビジネスシーンでは他社や顧客に対して、BtoCでもお客様に対してよく使われている表現です。

「ご連絡ください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご連絡ください」は、口語、文章を問わず使うことができ、連絡をして構いませんという意味で比較的気軽に使われています。

そういう時には連絡をして構わないという解釈になるため、何かのサポートの際や問い合わせがあったような時に用いられることが多く、また何かがあればそうしてもらって構わないといった使い方をされています。

この「連絡」については、ビジネスシーンでは電話、またはメールのことがほとんどで、「いつでもメールにてご連絡ください」といったようにその方法を指定して使うこともできます。

その指定がない場合には、どちらで行っても問題なく、まずは電話で、それが繋がらなかったり、不在だった時にはメールといった順番で行うような場合が多いです。

「ご連絡ください」を使った例文

・『何かお気づきの点がございましたら、いつでもお気軽にご連絡ください』
・『まだ時間が掛かるようでしたら、その旨をご連絡ください』

「ご連絡ください」の類語や言い替え

・『お知らせください』
意味としては「ご連絡ください」のように、伝えてもらって構わないという解釈になりますが、それほど急ぎで伝える必要はない内容が対象になることが多い点が異なります。

よって、すぐ伝える必要だという内容の場合には向いておらず、上の例文では最初の方の言い替えにはなりますが、下の方には向いていないという具合です。

まとめ

「ご連絡ください」は、連絡を求めて使う訳ではなく、それをしても構わないという意味で使われる表現です。

直接何かの連絡が欲しいと言っている訳ではないため、気軽に使うことができ、ビジネスシーン、BtoCの場面でのサポートなどの際によく用いられています。

タイトルとURLをコピーしました