「すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして」とは? ビジネス用語

ここでは「すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして」とは?

「すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして」は、先方に誘われた会食や催事ごとに参加した後のお礼として使われることが多い表現です。

それがとても楽しかったと言っているため、このように使って相手に失礼になることはなく、誘ってよかったと思われることでしょう。

そのようなシチュエーション以外に、こちらが先方を誘った場合にも使うことができ、そちらの場合にもその相手に来てもらえたお陰で楽しかったという解釈になり、やはり相手に悪い印象を与えることはありません。

つまり、このように使う相手と何かしらの懇談があった際に、その後から挨拶として使っておくことで、それが有意義であったことを伝えると共に、今後の繋がりにも期待ができる表現だと考えていいでしょう。

「すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして」は、先方からの誘いに対してはそれに参加しただけで用いることができる表現ですが、こちらから誘った時にはその相手とそれなりの会話や談笑などがあった場合に使うことができます。

その相手が誘いに乗ってこちら側が主催の催事ごとなどに来てくれたものの、全く顔を合わせる機会が無かったり、挨拶をした程度ではこの表現を使うのはおかしいため、そのような時には用いないように注意してください。

いくらこのように使っておけば失礼になるはことなく、相手の心象を悪くすることもないと分かっていても、大袈裟に使ってしまっては逆効果です。

この表現自体は口語、文章のどちらでも使うことができますが、お礼になる文章として用いるのが一般的です。

「すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして」を使った例文

・『この度はお誘いいただき、お陰ですごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして感謝です』
・『急なお誘いにも関わらず、ご参加くださいましてありがとうございます。すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして、こちらも嬉しい限りです』

「すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして」の類語や言い替え

・『とても充実した時間を過ごさせて頂きまして』
似た表現ですが、こちらはじっくりと話を聞いたり、何かを堪能できたような際に後からお礼として使う表現になります。

それが充実した時間だったと伝えているため、このように使えば相手に失礼になることはなく、悪い印象を与えることもありません。

まとめ

「すごく楽しい時間を過ごさせて頂きまして」は、その相手との催事ごとなどでの懇談がとても楽しかったと伝えるために使う表現になります。

特に相手に誘われて何かに参加したという場合に向いており、その相手にも誘ってよかったと思ってもらえることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました