「すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます」とは? ビジネス用語

ここでは「すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます」の使い方やその際の注意点などを詳しく見ていきます。

「すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます」とは?

「すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます」は、新年の挨拶に使われる定型的な表現です。

年が明けた後に送る文章で使うもので、1月15日くらいまでがそのタイミングになります。

年始の最初のメールなどで用いられるもので、先に「今年も」とつけたり、後に「本年もどうぞよろしくお願いいたします」といったような文言をつけて、終わりの挨拶文章にして文末にもってくる使い方がよく見られます。

ビジネスで使われることも多いですが、手紙のやりとりをする仲の友人などに対しても用いることができ、それこそ年賀状でも頻繁に見掛けます。

「すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます」は、今年一年の相手の仕事や普段の暮らしなどに対しての心遣いとなる表現です。

先のように定型的に使われているものなので、その意味自体はあまり気にする必要はなく、新年で最初の連絡の際にその文章の文末で挨拶として使うだけです。

そのままでも構いませんが、文章のみで使う表現なので、少し見映えを気にした「素晴らしい一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます」といった形がよく見られ、以下で紹介する類似する表現と共に新年のビジネスメールではお馴染みとなっています。

その類似表現も含めて、使うことができる期間中であっても、同じ相手に二度は送らないように注意してください。

「すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます」を使った例文

・『御社におきまして今年もすばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます』
・『今年のすばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます。本年もよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます』

「すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます」の類語や言い替え

「幸多き一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます」
こちらも年始の挨拶文によく使われている表現です。

幸せなことの多い年になるようにといった心遣いになり、やはり「から」「より」として、「心より」の前に「、」を付けて見やすくした形が一般的です。

「今年一年が最良の年でありますよう、心よりお祈りいたします」
今年がそれだけよい年になるようにといった意味になり、この表現も年始の挨拶文ではお馴染みです。

見た目の形も同じように「より」にして、「、」を入れて使うといいでしょう。

まとめ

「すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます」は、年始の挨拶文では定型と言える表現です。

年の初めに送る手紙やメールにのみ用いることができ、誰に対しても問題なく使うことができます。

タイトルとURLをコピーしました