「その旨お伝えください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「その旨お伝えください」とは? ビジネス用語

ビジネスメールで使われる「その旨お伝えください」

ここではその意味と使い方について解説していきます。

「その旨お伝えください」の意味と使い方とは

「その旨」とは、そのような内容、という意味があります。

つまり、その内容について伝えてください、という意味になるのです。

また言い換える言葉として、「そのことについて、お伝えください」「今の話について、お伝えください」などがあります。

「その旨」は目上の人にもそのまま使用することのできる言葉です。

むしろ丁寧に「御旨」のように言い換えてしまうと別の意味に捉えられてしまう可能性があります。

実際に存在する言葉に「御旨」というものがあり、考え、という意味を持ちます。

もし「その御旨お伝えください」としてしまうと、考えを伝えてくださいと全く違う意味になってしまうので注意しましょう。

また、より丁寧な言い方として、「その旨お伝え願います」というものもあります。

取引先の方や会社の上司などよりかしこまった言葉を使いたい、という方はこちらを使うと良いでしょう。

「その旨お伝えください」を使用する際の注意点

伝えてほしいことがある場合に便利なこの言葉ですが、使う際にいくつか注意点が必要です。

まずこの言葉の直前に、伝えてほしい内容を明確に記載しておくこと。

「その旨」という言葉自体、かなり抽象的な印象を受けます。

にも関わらず、伝えてほしい内容も抽象的にしてしまうと、相手を困らせてしまうどころか、誤った内容を伝えてしまう可能性があります。

伝えてほしい内容は簡潔にわかりやすく記載するようにしましょう。

もう一つは、一つのメールで何度も使用しないことです。

何度も使用してしまうと、しつこい印象を与える他、結局何を伝えればいいのかわからなくなってしまいます。

複数の事柄について伝えてほしいことがある場合は、まとめて書くなどの配慮をするとわかりやすくなります。

「下記の?点をお伝えください」のようにしてもよいでしょう。

まとめ

「その旨お伝えください」について紹介していきました。

いかがでしたか?伝えてほしい内容を何度も書かなくても、相手に伝えられる便利な言葉であることがお分かりいただけたでしょうか。

しかしその分、使い方を謝れば相手に不快な印象や誤った情報を伝えてしまう可能性もあります。

正しく伝わらない場合、会社に多大な損害を与えてしまう可能性もないとは言えません。

伝えてほしい内容は簡潔に記載する、何度も使わない、この二点に気をつけて使うようにしてください。

ビジネスメールは長い文章ではなく、短く簡潔に書かれているものが多いです。

忙しい相手が長い時間を取られないよう、わかりやすいメールを目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました