「たいへん光栄に存じますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「たいへん光栄に存じますが」とは? ビジネス用語

「たいへん光栄に存じますが」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「たいへん光栄に存じますが」の意味

「たいへん光栄に存じますが」は、ビジネスでは色々と使えるフレーズです。

「たいへん光栄に存じます」は自分が相手に依頼されて行なった行為に対して、相手から、感謝され、その返信として、「たいへん光栄に存じます」という様に、自分にとっては名誉な事、ありがたいお言葉である様な感謝の意味を含み、相手に謙虚さを含んでいます。

その為、目上の方や社外の方へ自分の気持ちを伝える言い方です。

たいへん光栄に存じますが」は、後に続く言葉は、依頼を辞退する場合、断る場合のフレーズが続きます。

その例を以下で、紹介していきます。

「たいへん光栄に存じますが」の敬語での使い方や表現方法

まず、上で述べた様に、「たいへん光栄に存じます」と言う言葉は相手に感謝する気持ちを伝える、自分に名誉な事・ありがたい事である旨を伝える言い方であることを述べました。

「たいへん光栄に存じますが」は最後に、「が」が付いています。

その為、前の全文に対して、「しかしながら」と否定する表現を続けることが多いでしょう。

たいへん光栄に存じますが、今回、ご依頼の件は、辞退させて頂きます」の様に、今回の仕事は受けることができませんと断る場合に使えるスマートな表現です。

自分が作業を行なう場合、即ち、自分の作業工数が発生する様な場合に用いる事ができます。

更に、相手から、お礼の気持ちとして、物を受け取ってほしいと言われた際の断り方にも利用可能です。

「たいへん光栄に存じますが、この様な物を頂くことはできません。

お気持ちだけ頂きます」
という言い方になります。

光栄に存じます」の箇所を「大変恐縮です」、あるいは「幸甚に存じます」と別の言い方に変えることも可能です。

3. 「たいへん光栄に存じますが」の言い換えや使用例 ・『たいへん光栄に存じます』
・『たいへん光栄に存じますが、今回、ご依頼の件は、辞退させて頂きます』
・『たいへん光栄に存じますが、この様な物を頂くことはできませんお気持ちだけ頂きます』

まとめ

「たいへん光栄に存じます」の言い方が、感謝、誇り等の自分の気持ちを伝える言葉です。

目上の方や社外の方に対して、非常に良いビジネスフレーズなので、スマートに活用して下さい。

「たいへん光栄に存じますが」は後に相手の要求や要望などが続く場合が多いでしょう。

単に、お受けできません、辞退させて頂きますと言うよりは、前置きに「たいへん光栄に存じますが」を付ける事で、相手に敬意をはらう事ができます。

相手に対しても、柔らかい口調や文章で、辞退、断る事ができます。

色々なビジネスシーンで使える良い言い方なので、覚えておくと便利です。

タイトルとURLをコピーしました