「どうか健康には十分ご留意ください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「どうか健康には十分ご留意ください」とは? ビジネス用語

ここでは「どうか健康には十分ご留意ください」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「どうか健康には十分ご留意ください」とは?

「どうか健康には十分ご留意ください」は、定型的に使われる挨拶表現の1つです。

いきなりこの表現では突然になってしまうので、前に体調を崩しやすい季節なので、といった文言をつけて使われます。

そのため、用いやすい季節というものがあり、暑くなってきたという時期、もしくは真夏の最中、または寒さを感じるようになってきた頃、そして真冬の真っ只中といった時期によく使われています。

いずれの場合もそんな季節なので「どうか健康には十分ご留意ください」という使い方になり、文章の締めの挨拶文として用いられます。

よって、口語で使われることはまずなく、ビジネスシーンでもその相手に対して個人的に使うことができます。

「どうか健康には十分ご留意ください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「どうか健康には十分ご留意ください」は、手紙のやりとりをするような間柄でよく使われている表現です。

誰に対して使っても失礼になることはない無難な締めと言えるため、そこまでの流れとは別にこう使ってうまくそこで文章を締められるという具合です。

以下で類語として挙げる少し堅い表現もよく使われていますが、こちらの方が見た目にも柔らかく、特に若い人が使う場合にはこちらの方が向いてます。

この手の挨拶表現は無理に堅いものを使えば丁寧という訳ではなく、年齢相応のものを選択することも大切です。

背伸びをしているように見えてしまう表現を無理に用いるより、同じ意味で使う側に合っているものを選んだ方が使われた相手としても違和感がなく、すんなりと受け入れやすくなります。

「どうか健康には十分ご留意ください」を使った例文

・『連日の猛暑の中ですが、どうか健康には十分ご留意ください』
・『日増しに寒さが増してきておりますので、どうか健康には十分ご留意ください』

「どうか健康には十分ご留意ください」の類語や言い替え

・『どうぞご自愛ください』
この表現は「どうか健康には十分ご留意ください」を短くまとめたものだと言えるもので、同時に堅さを出しています。

よって、ビジネス向けの表現になりますが、若い人が使う場合にはそのまま「どうか健康には十分ご留意ください」と使った方がいい場合も多く、ビジネスシーンだからと言って、無理にこちらを用いることはありません。

まとめ

「どうか健康には十分ご留意ください」は、暑い、寒いという季節にそれによって体調を崩さないように、という意味で使われる表現になります。

使えるタイミングが多いので、うまく文末の締めに用いることができる挨拶表現の1つとして覚えておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました