「まずは失礼ながら」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「まずは失礼ながら」とは? ビジネス用語

メールなどのビジネス文書で「まずは失礼ながら」という言葉を見ることがあります。

使う上で注意点はあるのでしょうか?詳しく見てみましょう。

「まずは失礼ながら」とは?

「まずは失礼ながら」は、「まずは」+「失礼ながら」の2つの部分から成ります。

「まずは」は副詞である「まず」を強調した言い方です。

ともかく、ひとまずという意味です。

「失礼ながら」は相手に対し失礼となってしまうことはわかっていますが、それでも、という意味合いで使う言葉です。

ということで、「まずは失礼ながら」は、失礼なことは承知の上で、あえて何かしなければならない場合に使います。

「まずは失礼ながら」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「まずは失礼ながら」を使うのは、どのような場面においてでしょうか。

「まずは失礼ながら」は、「まずは失礼ながら、○○にて××とさせていただきます」という文で使われるのが一般的です。

本来何かしなければならないことがある前提で、時間がないなどの理由があり略式で済ませたい場合に用います。

例えば、「まずは失礼ながら、書中にてご挨拶とさせていただきます」「まずは失礼ながら、メールにてお礼申し上げます」というように使われます。

本来は、直接会って挨拶をしたり、お礼を言うべきところを失礼になることは知っているが、ひとまず書中やメールで済ませることになりますがご了承ください、というような意味となります。

注意点としては、目上の人や社外の人など気を遣うべき相手には「まずは失礼ながら○○まで」という省略した文は使わないほうが良いという点です。

社内でやり取りするレベルであればかまいませんが、「まずは失礼ながらお礼まで」「まずは失礼ながらご挨拶まで」とはしないようにしましょう。

「まずは失礼ながら」を使用した例文

『挨拶に伺うべきところ、まずは失礼ながら書面をもってお礼を述べさせていただきます』
「まずは失礼ながら」は、いわゆるクッション言葉の一つです。

例文は「本来は直接挨拶に向かうべきところ今は時間がなく行けないので、取り急ぎひとまず書面でお礼を言います」という意味になりますが、直接言うところを書面で伝えることになってしまい、申し訳ない」ということをやんわりと伝える目的で「まずは失礼ながら」が入っています。

メール、文書で使うのはもちろん、電話など口頭で話すときにも使えます。

「まずは失礼ながら」の類語や言い替え

では、「まずは失礼ながら」を別の言葉で言い換えるならばどのようなものがあるのでしょうか。

「まずは」の意味で「取り急ぎ」もよく使われます。

「失礼ながら」は「略儀ながら」「不躾ながら」「無作法ながら」などに言い換えられます。

ただし、「略儀ながら」「不躾ながら」「無作法ながら」は文中のみで使われ、口頭では使われません。

まとめ

「まずは失礼ながら」は、続けて「○○にて○○とさせていただきます」という文と組み合わせて使うクッション言葉の一つです。

本来しなければならない事があり、省略して代わりの手段をとることになって申し訳ないという気持ちをやわらかく伝えます。

タイトルとURLをコピーしました