「まずはメールでのご挨拶をお許しください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」とは? ビジネス用語

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」とはどのように使う?

ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈していきます。

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」とは?

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」とは、初対面となる前に、仕事上のやり取りが必要となった場合に、先にメールにて連絡をするときに添える言葉です。

本来であれば、顔を合わせて名刺交換をした後に仕事でのやり取りを始めるのが本来のやり方となるので、失礼のないようになるべく丁寧な表現で伝えることが重要となります。

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」という文章は、メールを送付する際には、本題に入る前に添える方が使い方としては良いでしょう。

最初に挨拶として「初めまして〇〇と申します」と名乗った後に「まずはメールでのご挨拶をお許しください」とつけるとよいでしょう。

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」という言葉の通り、体験の会話でこの言葉が使われることは基本的にはないといえます。

使うときの注意点としては、なるべく相手に対して失礼のないように配慮することが重要であり、この文章の後の本題の文鳥を記載する場合も、なるべく無理なお願いをすることが無いように配慮したほうが良いです。

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」の正しい敬語表現

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」という表現でも十分に敬語表現としては適切ですが、更に丁寧な表現として「不躾ながら、まずはメールでのご挨拶をご容赦ください」という言い方が良いでしょう。

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」を使った例文

・『初めまして、まずはメールでのご挨拶をお許しください』
・『来週お会いできることとなっていましたが、まずはメールでのご挨拶をお許しください』
・『遠方にて、なかなかお伺いする機会がないため、まずはメールでのご挨拶をお許しください』

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」の類語や言い替え

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」の言い替えとしては、「最初にメールでのご挨拶になることをご容赦ください」「最初に直接お会いしてご挨拶が出来ず、メールにて大変失礼いたします」などということが出来ます。

まとめ

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」という表現は、なかなか相手と会うことが出来ない時などに使われる言葉であり、正しい使い方を身に付けておくと仕事がスムーズに進みます。

「まずはメールでのご挨拶をお許しください」という言葉を添えるだけで相手の受ける印象はかなり良くなります。

タイトルとURLをコピーしました