「またお目にかかれることを楽しみにいたしております」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「またお目にかかれることを楽しみにいたしております」とは? ビジネス用語

ここでは「またお目にかかれることを楽しみにいたしております」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「またお目にかかれることを楽しみにいたしております」とは?

「またお目にかかれることを楽しみにいたしております」は、実際に会ったことがある相手に対し、今後会う予定がある時に使われる表現です。

具体的には、何かの会合などにその相手が来ることが分かっていて、こちらそれに参加するといったシチュエーションなどが当てはまり、そのような場合に「そちら様も参加されると聞きました。

またお目にかかれることを楽しみにいたしております」
のように用いられます。

「また」と使っていることから、先のようにその相手に一度会ったことがある時にのみ使うことができ、主にビジネスシーンでその相手に対して文章で使われます。

自社に来てもらうような際やどこかで待ち合わせをするといった時にも使うことができ、最後の「いた」を取って「~楽しみにしております」としても意味は一緒です。

「またお目にかかれることを楽しみにいたしております」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「またお目にかかれることを楽しみにいたしております」は、本当はそこまで楽しみにはしていない時でも社交辞令として用いることができる表現です。

よって、このように使われたとしても、相手が本当に自分と会うのを楽しみにしているのか分かりませんが、こう使われると悪い気はしないもので、同時にその会合や待ち合わせなどに特別な事情でもない限りは行くことになるでしょう。

それを狙って使うこともできる表現で、来るか来ないか分からない人に対し、この表現を使って「次の会合でまたお目にかかれることを楽しみにいたしております」と伝えることで、できれば来てもらいたいと案に示すことができます。

それは、会うのを楽しみにしていると言われれば、事情が許せば行かない訳にもいかないという理由からです。

「またお目にかかれることを楽しみにいたしております」を使った例文

・『○○にまたお目にかかれることを楽しみにいたしております』
・『またお目にかかれることを楽しみにいたしております』

「またお目にかかれることを楽しみにいたしております」の類語や言い替え

・『 またお会いできることを楽しみしております』
こちらを使っても意味が変わることはなく、用い方も同様です。

やはり、その相手に来てもらいたいと暗に示すことができ、ビジネスシーンでもこちらの表現が使われることも多いです。

まとめ

「またお目にかかれることを楽しみにいたしております」は、その相手に対し、会えると思われる予定がある場合に使うことができる表現です。

一度会ったことがある相手であることが使える条件となっており、それを楽しみにしていると伝えることで、その場に来て欲しいというニュアンスを含んでいると考えて使うことができます。

タイトルとURLをコピーしました