「よろしくご査収ください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「よろしくご査収ください」とは? ビジネス用語

「よろしくご査収ください」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「よろしくご査収ください」とは?

この言いまわしの「ご査収」「ごさしゅう」と読みます。

金銭や書類などをよく調べてから受け取ることの意で、先方に対してよく確認した上で受け取ってほしいものを送る場合に使用します。

内容を確かめても何も受け取るものがない場合はこの言葉は使用できません。

なお、このフレーズを使用する場合は、できる限り内容のチェックをお願いする物を具体的に明記するようにしましょう。

なお、頭に付ける「よろしく」は古典語の形容詞「よろし」の連用形で、何かを頼んだりするときに添える語句です。

「よろしくご査収ください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは会話よりも主にメールで使用されるケースが大半です。

また、上司や目上の人などの社内の人に対してだけではなく、取引先などの社外宛に対しても同様に使えるフレーズです。

さらにこの言いまわしをメールで使用するときは、「お忙しいところ恐縮ですが〜」といった相手の状況に配慮した文章を前に付けることで謙虚な印象を持たれます。

なお、よく似たフレーズに「ご検収ください」という語句があります。

「ご検収」とは納入品が発注した通りか品物の種類や品質、数量などをよく確かめ、検査してから受取ることの意です。

この二つの言いまわしは言葉の意味を正しく理解した上で使ってください。

「よろしくご査収ください」の正しい敬語表現

この言いまわしの「ご査収」「査収」に尊敬の意の接頭辞「ご」がついた尊敬語で、目上の人や取引先に対しても使用できる語句です。

これに丁寧語である「ください」を付加することで「ご査収ください」という尊敬の意の敬語となります。

よく似た表現で、丁寧語「ます」の命令形「ませ」をつけて「ご査収くださいませ」のような言いまわしの敬語もあります。

この場合は「ください」よりも表現を和らげる効果があり、男性より女性が、また公的なシーンより私的なシーンでよく用いられます。

ただし、表現が柔らかくなる分、失礼と感じる人もいますので、用いる相手には注意が必要です。

「よろしくご査収ください」を使った例文

この言いまわしを活用した例文を以下に紹介します。

・『納品書及び請求書を送付しましたので、よろしくご査収ください』
・『参考データを添付致しましたので、よろしくご査収くださいませ』
・『よろしくご査収の上、宜しくご手配を賜りますようお願いいたします』

「よろしくご査収ください」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『よろしくご高覧ください』
・『お目通しいただければ幸いです』
・『よろしくご検収ください』
・『よろしくご査証ください』
「ご高覧」は相手が「見る」行為に対して使用する尊敬語で全体的に広く見るの意で、「ご覧ください」よりも尊敬の念が強い語句です。

「お目通し」は一通り目を通して貰いたい場合に使用し、「ご検収」は品質や数量に間違いがないか確かめて受け取ることの意、「ご査証」は何らかのミスがあって修整してほしい場合、ミスに対する苦情を伝える際に使用します。

まとめ

この言いまわしは日常生活ではあまり使用されず、「ご確認」と比べて用途が限られる言いまわしです。

「ご検収」との違いも含めて、使い方をマスターすることで伝えたいニュアンスが伝わり、ビジネスもスムーズに進行するでしょう。

タイトルとURLをコピーしました