「メールでのお礼となり恐縮ですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「メールでのお礼となり恐縮ですが」とは? ビジネス用語

ここでは「メールでのお礼となり恐縮ですが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「メールでのお礼となり恐縮ですが」とは?

「メールでのお礼となり恐縮ですが」は、伝えるべきお礼がメールに鳴ってしまって申し訳ないといった意図から使われる表現です。

つまり、本来は別の方法でそのお礼を伝えたかったという解釈になり、その方法とは実際に対面して伝えることと考えるのが通常です。

事情からそれができないため、メールで伝えることになりましたと伝えており、そのような方法になってしまってすみませんと表現しています。

ビジネスシーンでその相手にお礼を伝えるべき場面で用いられることが多く、なるべく早くそのお礼と伝えたいと考えた時に使われる表現になります。

それは、普通に考えてメールが一番早い方法だという解釈からで、対面して伝えるより早いためにそれを行っているという意味になります。

「メールでのお礼となり恐縮ですが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「メールでのお礼となり恐縮ですが」は、先のようにメールでそれを伝えるのが一番早いと思って用いられる表現です。

電話という方法もありますが、その時に相手に繋がるか分からないこともあり、相手のタイミングで見ることができるメールが一番だということからです。

よって、本来は対面して伝えるべきだという解釈はそれほど考える必要はなく、それは改めてその後にそういった機会があればと考えて、まずこのように使っておくという場合が多いです。

「メールでの」としていることから、そのメールでお礼を伝える時に用いるもので、この後にお礼するべき内容を続けて使われます。

「メールでのお礼となり恐縮ですが」を使った例文

・『メールでのお礼となり恐縮ですが、先日は本当にありがとうございました』
・『メールでのお礼となり恐縮ですが、この度は色々とご尽力いただきまして感謝しております』

「メールでのお礼となり恐縮ですが」の類語や言い替え

・『メールにて大変恐縮ですが』
お礼に限らず、まずこのように使い、この後に「先日のお礼を申し上げます」のように使うことで、メールでそれを伝えるは失礼ながら、それが一番早いのでそうしていますといった解釈になります。

お礼以外にも用いることができるため、ビジネスではよく見掛けることのある表現です。

まとめ

「メールでのお礼となり恐縮ですが」は、お礼がメールになってしまって失礼ですがといった意味で使われる表現です。

すぐにそのお礼をしたい場合に用いられることがほとんどで、そのメールでのお礼になってしまったことで失礼になることはまずありません。

タイトルとURLをコピーしました