「メールにて恐縮ですが」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「メールにて恐縮ですが」とは? ビジネス用語

「メールにて恐縮ですが」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「メールにて恐縮ですが」とは?

「メールにて恐縮ですが」は、メールで何かを伝達する恐縮さを言い表した言葉です。

「メール」という連絡手段は、比較的簡易なものだと言えます。

これは、対面よりも簡単な手段です。

また、考え方によっては電話よりも簡単な手段です。

つまり、このような簡易的手段で連絡している事に、「恐縮」している表現なのです。

これは、手間をかけずに連絡している事に、「恐れ多くて縮まる様子」を表しています。

本来であれば対面や電話で直接伝えるべきところ、簡易的な手段である「メールにて恐縮ですが」との意味が込められているのです。

「メールにて恐縮ですが」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「メールにて恐縮ですが」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、取引先に迷惑をかけてしまったとします。

その件に関しては、後ほど直接謝罪するつもりでした。

しかし、まずはメールで謝罪する事にしたのです。

このような場合には、「メールにて恐縮ですが、まずは謝罪いたします」と述べるとよいでしょう。

これにより、メールという簡易的な伝達手段であることに恐縮する様子を、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「恐縮ですが」の使い方に注意するとよいでしょう。

これは、より丁寧に「恐縮ではございますが」と言い換える事もできます。

どちらも丁寧語を使用した表現ですが、「ございますが」のほうが丁寧に聞こえる表現なのです。

状況に合わせて、適切な表現を選択するとよいでしょう。

「メールにて恐縮ですが」を使った例文

「メールにて恐縮ですが」を使った例文を挙げます。

例文のように、「ですが」に続けて感謝や謝罪の言葉を述べると、自然な表現を作り出す事ができます。

・『メールにて恐縮ですが、まずはお詫びいたします』
・『メールにて恐縮ですが、取り急ぎ謝罪いたします』
・『メールにて恐縮ですが、皆様への感謝を表明いたします』

「メールにて恐縮ですが」の類語と敬語での言いかえ

「メールにて恐縮ですが」の類語と敬語を解説していきます。

「メールにて恐縮ですが」の類似表現

「メールにて恐縮ですが」の類似表現には、「メールにて恐れ入りますが」があります。

「恐縮ですが」「恐れ入りますが」は、同じ意味で使用できる言葉なのです。

「メールにて恐縮ですが」の敬語表現

「メールにて恐縮ですが」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「メールにて恐縮ではございますが」に言いかえできます。

まとめ

このように「メールにて恐縮ですが」は、メールで何かを伝達する恐縮さを言い表した言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました