「メールをお送りさせていただいた次第です」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「メールをお送りさせていただいた次第です」とは? ビジネス用語

ここでは「メールをお送りさせていただいた次第です」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「メールをお送りさせていただいた次第です」とは?

「メールをお送りさせていただいた次第です」は、文字通り、メールを送ったと伝えている表現ですが、それ以外の手段で使うのではなく、そのメールの内容に含めて使うものです。

具体的には、「先ほどお電話させていただきましたが、ご不在のようでしたのでメールをお送りさせていただいた次第です」のような使い方になり、そのメール自体をどのような経緯で送っているのかといった説明に用いられます。

よって、メールでの飛び込み営業などにもよく使われている表現で、その中では「こちらにご興味がないかとメールをお送りさせていただいた次第です」などといった使い方がよく見られます。

もちろんメールでのみ使われる表現となっており、ビジネスシーンでも先のように他の手段で連絡がとれなかったという場合によく用いられます。

「メールをお送りさせていただいた次第です」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「メールをお送りさせていただいた次第です」は、どうしてそのメールを送ったのかという理由と共に使われますが、そちらについては前述のような他の手段では連絡がつかなかった、または飛び込みのメールだといった場合だけでなく、確認のために使われることも多いです。

その場合、「ご確認のため、このメールをお送りさせていただいた次第です」のような使い方になり、以前に一度伝えた内容の確認や、相手から伝えられた内容が合っているのかといった確認をするためのメールで用いられます。

この後にはそのような文言が続くことになりますが、それに対する相手からの返信を待つ内容になるため、どういったことを確認したいのかをきちんと述べて使わないといけません。

「メールをお送りさせていただいた次第です」を使った例文

・『期限までお待ちしましたが、ご連絡をいただけませんのでメールをお送りさせていただいた次第です』
・『以前に回答いただきました内容につきまして、少々気になることがありましたのでメールをお送りさせていただいた次第です』

「メールをお送りさせていただいた次第です」の類語や言い替え

・『メールさせていただきました』
「メールをお送りさせていただいた次第です」を少々カジュアルにした形で、そちらでは少し堅いと思った時に使う表現です。

このように使っても失礼になることはなく、意味は全く一緒なので、ここまでに挙げてきた例文も全てこちらに言い替えられます。

まとめ

「メールをお送りさせていただいた次第です」は、他の方法で連絡がとれなかったり、聞きたいことがあるという時に送るメール中で使います。

飛び込みメールの場合にも向いており、どのような理由でそのメールを送ったのかと合わせて使われる表現です。

タイトルとURLをコピーしました