「メールを送る」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「メールを送る」の敬語とは? ビジネス用語

「メールを送る」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「メールを送る」の意味

「メールを送る」は、電子メールを送ることを表現した言葉です。

「メール」は英語の「Mail」です。

英単語での本来の意味は「手紙」だと言えます。

しかし、日本のビジネスシーンで「メール」と言えば電子メールです。

旧来の電子メールに加えて、現在ではWebメールなどもあります。

このようなメールをどこかに送信することを、「メールを送る」という言葉で表現できます。

これにより、インターネット網を通じて相手に電子メールを送信する行為を、端的に表現できるのです。

「メールを送る」の敬語での使い方や表現方法

「メールを送る」を敬語にすると、「メールを送ります」になります。

これは、丁寧語を使った敬語になるのです。

また、「メールを送られる」とすれば尊敬語になります。

これは受動表現にも見えますが、尊敬語としても成立するのです。

これを「メールをお送りなさる」とすれば、明確な尊敬語にできます。

また、「メールをお送りいたす」にすれば謙譲語になるのです。

他にも、「メールを送信します」のように、類似表現で置き換える手段もあります。

これらのことからも分かるように、「メールを送る」を、敬語を使って言い換える事ができるのです。

類語と組み合わせれば、そのバリエーションは多彩なものになります。

使用する状況に合わせて、上手に使いこなすとよいでしょう。

「メールを送る」の言い換えや使用例

・『この後すぐにメールを送ります』
・『私からメールをお送りいたします』
・『メンバーに向けて、毎日メールを送信なさいます』
ここでは、「メールを送る」を使った例文を挙げました。

例文から分かるように、敬語や類似表現を使うことで、様々な印象の表現を生み出す事ができるのです。

まとめ

このように「メールを送る」は、電子メールを送ることを表現した言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました