「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」とは? ビジネス用語

ここでは「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」の使い方やその際の注意点などを詳しく見ていきます。

「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」とは?

「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」は、新入社員が入社した会社の上司や先輩社員に対し、早く一人前になって会社に貢献できるために頑張るという決意を表現したものです。

よって、使うことができるのは新しくその会社に入社した場合に限られる表現で、使われる相手は先のように既に会社で勤務している人が対象です。

入社してから何ヶ月かは新入社員と呼ばれることが多いですが、この「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」と使えるのは入社してから1ヶ月程度までと考えるべきです。

それ以上経ってからでは、今頃何を言っているのかと思われてしまうからで、まだ入社して間もない社員がその会社に慣れていないことが前提となっています。

「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」は、まだその会社のために何も貢献できていないという状態でこそ使うものです。

よって、前述のように入社から1ヶ月くらいまでの間が使えるタイミングとなっており、それくらいの間であれば、初めて会社で顔を合わせる相手との挨拶時に使うことができます。

そのような時に口語で使うだけでなく、メールなどの文章で用いても問題なく、その場合も主に初めての連絡になる相手に対して使うことになります。

自分が少なくともその会社においてはまだ役に立っていない、戦力になれていないという意味から使うものなので、それを自覚していることを相手に伝えることで、そういう立場だというアピールにもなります。

つまり、このように伝えておけば、どう見ても今の自分では難しい仕事を頼まれるようなことはないでしょう。

「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」を使った例文

・『この度入社しました○○です。一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります』
・『今日からお世話になります〇〇と申します。一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります』

「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」の類語や言い替え

・『一日でも早く戦力になれるよう精進していきます』
こちらも同様に、入社時の決意表明になります。

意味はほとんど同じで、早く会社の戦力に数えられるように頑張ると伝えています。

まとめ

「一日も早く会社のために貢献できますよう頑張ります」は、入社から1ヶ月くらいの間のみに使うことができる、定型と言える最初の挨拶表現です。

それ以外の使い方はないので、そのような場面で使うものだと覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました