「今のところ予定はない」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今のところ予定はない」とは? ビジネス用語

ここでは「今のところ予定はない」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「今のところ予定はない」とは?

「今のところ予定はない」は、指定の日付やその間には現在予定は入っていないと伝えている表現になります。

とてもぶっきらぼうな言い方になるため、このまま使えるのは気心の知れた友人や後輩などに限られます。

この前に「その日は」「その数日は」などと特に予定がない期間がつき、現在は空いていると表現しています。

自分からこのように使うことはあまりなく、相手からその日は空いているのかなどを聞かれた際の返答になる表現で、この形では口語で使うことが多いです。

少し丁寧にして「今のところ予定はありません」とすると文章向きになるので、そちらで使うならその形がいいでしょう。

「今のところ予定はない」のままでメールで使うこともできますが、文章として残ってしまうため、親しい間柄のみで使うようにしてください。

「今のところ予定はない」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「今のところ予定はない」は、そのまま使えるケースはごく限られています。

よって、先のように「今のところ予定はありません」として使うことが多く、もっと丁寧にして「現在のところ予定はございません」という形にすると、誰に対して使っても失礼になることはありません。

意味は単純な表現なので、特に注意点というものもありませんが、あくまで現在はと言っているため、この後に予定が入る可能性があるかも知れません。

よって、相手からこのように伝えられた際には、では今からこれを予定として入れて欲しいといったことをお願いして、初めてその日付や期間に相手に来てもらったり、何かをしてもらうことができます。

以下の例文では、一般的な「今のところ予定はありません」の形で挙げていきます。

「今のところ予定はない」を使った例文

・『その日程でしたら、今のところ予定はありません』
・『前日までは仕事が入っていますが、その日からは今のところ予定はありません』

「今のところ予定はない」の類語や言い替え

・『現在は空いています』
こちらの表現を使っても、その日や期間は空いていて、特に予定はないと伝えるために使うことができまます。

もう少し丁寧にして「現在は空いております」とすると、「現在のところ予定はございません」と同様に相手を選ばず、失礼になることがない表現になります。

まとめ

「今のところ予定はない」は、指定された日付や期間に現在は予定が入っていないとその相手に伝えるために使います。

このままではぶっきらぼう過ぎるため、親しい間柄以外には「今のところ予定はありません」として使われることが多いです。

タイトルとURLをコピーしました