「今一度ご確認ください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今一度ご確認ください」とは? ビジネス用語

ここでは「今一度ご確認ください」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「今一度ご確認ください」とは?

「今一度ご確認ください」は、もう一度確認してくださいと伝えるために使います。

改めてきちんと確認して欲しいことがある場合に使われる表現で、ビジネスを始めとして色々なシーンで用いられています。

例えば、テレビの電源が入らないといったことに対し、「電源ケーブルがコンセントにきちんと刺さっているか今一度ご確認ください」のような使い方をしたり、部品が足りないと言われた時に「部品が入っていた箱を今一度ご確認ください」などと使うという具合です。

原則的に相手側が間違っていると思って使う表現なので、もう一度きちんと確認をすれば問題ないという場合に使うもので、強くその確認を促す表現になりますが、そのように伝えながら極力丁寧さを出していると考えてよく、口頭、文章のどちらでも使うことができます。

「今一度ご確認ください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「今一度ご確認ください」は、まず失礼にはならない表現ですが、相手によっては少し形を変えて、「今一度ご確認いただけますか」「今一度ご確認いただきたくお願いいたします」などとするとより丁寧になり、目上の人や他社が相手の場合でも問題なく使うことができるようになります。

確かにそうなのに相手が間違っている、勘違いしているといった時に用いられることが多く、それを強く言うのは気が引けるといった場合において使われる表現です。

よって、見た目こそ丁寧ですが、強く再確認をお願いしていることになり、それをしなければいけない場面でうまく使うものです。

「今一度」はこのような使い方以外に、「今一度お考えください」といった使い方もできる言葉で、この場合ももう一度考え直して欲しいという解釈になります。

「今一度ご確認ください」を使った例文

・『確かに同梱いたしましたので、恐れ入りますが今一度ご確認ください』
・『説明書に書かれていますように、接続を今一度ご確認ください』

「今一度ご確認ください」の類語や言い替え

・『再度ご確認ください』
「今一度」の意味であるもう一度を「再度」と言い替えており、こちらにしても相手に伝わる意味は一緒です。

こちらでも角が立つようなことはなく、ビジネスで使うこともできます。

定年にするには「今一度ご確認ください」の場合と同様に、「再度ご確認いただけますか」などとすればいいでしょう。

まとめ

「今一度ご確認ください」は、もう一度確認して欲しいと思って使う表現になります。

その確認を行えば何かが解決できると思われる事例に対して使われるもので、それを行えば問題ないという前提で用いられます。

タイトルとURLをコピーしました