「今回は遠慮させていただきます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今回は遠慮させていただきます」とは? ビジネス用語

ここでは「今回は遠慮させていただきます」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「今回は遠慮させていただきます」とは?

「今回は遠慮させていただきます」は、何かの誘いに対し、今回は無理だと断る時に使います。

やんわりとした表現になるため、断るにしてもあまり失礼になることがなく、それでいてはっきりと断っているため、このように使えば改めて同じ誘いをもう一度受けるようなことはないでしょう。

通常はこの前に「折角のお誘いですが」のような文言をつけて使うことになり、ビジネスシーンでの他社からの何かの誘いを断る場合によく用いられてます。

謙譲表現になっていることから、目上の人に使っても特に問題はありませんが、相手によっては「申し訳ありません」といったような謝罪の表現を一緒につけるといいでしょう。

「今回は遠慮させていただきます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「今回は遠慮させていただきます」は、表現は丁寧ながら、はっきりと断っていることになります。

よって、完全に断るつもりで使う表現になり、その対象はどんな誘いであっても構いません。

例えば、値引きセール中なので今が買い時だといった案内に対して使うようなこともできるので、ビジネス以外でも広く用いられています。

ただし、プライベートで使うには少々堅い表現になってしまうため、その場合は「遠慮させてください」のように砕いて使うのがいいでしょう。

よって、この「今回は遠慮させていただきます」はビジネスユースになることが多く、それ以外では誘いを断る場合に少し畏まった表現を使わなければいけない相手に使われます。

「今回は遠慮させていただきます」を使った例文

・『折角のご案内ですが、申し訳ありませんが今回は遠慮させていただきます』
・『予定が詰まっておりますので、今回は遠慮させていただきます』

「今回は遠慮させていただきます」の類語や言い替え

・『今回は遠慮させていただきたく存じます』
丁寧にした形で、「今回は遠慮させていただきます」では少々失礼になる可能性があると思われる相手に対して用いる表現です。

この形であれば、大事な取引先の人間に対して使っても何も問題ありません。

・『今回は辞退させていただききます』
この「辞退」と使うと表現的に厳かになり、正式に何かに招待された、または任命されたといった場合に断るために使う表現になります。

よって、基本的にはそのようなケースに用いられます。

まとめ

「今回は遠慮させていただきます」は、相手に対して断る意図から使われる表現です。

言葉としては丁寧ですが、きちんと断っていることになるので、ビジネスで他社に対して何かを断る時に向いている表現です。

タイトルとURLをコピーしました