「今年は格別に残暑が厳しいようですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今年は格別に残暑が厳しいようですが」とは? ビジネス用語

ここでは「今年は格別に残暑が厳しいようですが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「今年は格別に残暑が厳しいようですが」とは?

「今年は格別に残暑が厳しいようですが」は、シーズン的に8月の中旬から9月の上旬までの間に、まだまだ暑いといった場合に使うことができる挨拶表現になります。

「残暑」としていることから、いかにも夏の盛りといった時期には使わないもので、暦の上での立秋(8月8日頃)を過ぎた後から用いるのが通常です。

「格別」が例年とは違うことを表現しているため、昨年もこの頃はまだ暑かったといった時にはあまり向いていません。

つまり、この例年との比較が入ってしまっているため、まだまだ暑いというだけでは使うべきではなく、今年はいつもとは違ってその時期でもまだ暑いと感じている場合に適している表現になります。

「今年は格別に残暑が厳しいようですが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「今年は格別に残暑が厳しいようですが」は、冒頭、または文末の挨拶表現に使われます。

文章専用で使われる表現で、冒頭で用いる場合、この後にご機嫌伺いになる文言が続き、文末では相手の身体を気遣う表現を続けて使います。

つまり、今年は例年とは違ってこの時期でもまだ暑いと感じている時に向いている、相手に対する挨拶文に使える表現で、そのような場合に冒頭のまずクッションとなる挨拶文、または文末の締めの文章にうまく使えると考えてください。

以下の例文は、上が冒頭で使う場合、下は文末でよく見られる形です。

「今年は格別に残暑が厳しいようですが」を使った例文

・『今年は格別に残暑が厳しいようですが、いかがお過ごしでしょうか』
・『今年は格別に残暑が厳しいようですが、体調にはくれぐれもお気をつけください』

「今年は格別に残暑が厳しいようですが」の類語や言い替え

「今年はことのほか残暑が厳しいようですが」
「格別」「ことのほか」と言い替えて使っており、こちらでも意味は一緒です。

「ことのほか」を仮名に開かずに「殊の外」と記載することができますが、見た目から堅苦しくなってしまうので、そちらはあまり使われていません。

「まだまだ残暑厳しき折」
こちらだと、例年との比較はなく、この時期でもまだ暑いといった場合に用いることができます。

近年の同シーズンが暑かったか覚えていない場合には、無理に「今年は格別に残暑が厳しいようですが」とはせず、こちらを使っておいた方がいいでしょう。

まとめ

「今年は格別に残暑が厳しいようですが」は、例年とは違って今年は特別に暑さが残っているといった時に冒頭や文末の挨拶文に使うことができます。

そのような場合でないと向いていない表現のため、使う際には少し注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました