「今後とも変わらぬお引き立ての程」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今後とも変わらぬお引き立ての程」とは? ビジネス用語

ここでは「今後とも変わらぬお引き立ての程」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「今後とも変わらぬお引き立ての程」とは?

この「今後とも変わらぬお引き立ての程」は、相手に対して今後も引き続き商品、サービス類の利用や購入を継続して欲しいといった意味で用いる表現です。

よって、お客様に該当する相手からそのような商品などに対して何かの問い合わせがあった、または新規に購入や利用開始をしてもらったような場合に、そのお礼となる挨拶文で使うものです。

もちろん本当にそのように考えて使われる表現ですが、いわば礼儀とも言えるため、そこまで意味は気にせずに使われていることも多いです。

逆にこう受け取った側も、特に気にすることはなく、定型表現として使っているのだと考えておけばいいでしょう。

「今後とも変わらぬお引き立ての程」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「今後とも変わらぬお引き立ての程」は、この前に対応内容などが記載され、後に「どうぞよろしくお願いいたします」などとつけて締める文末の挨拶表現です。

文章のみで使われるもので、「今後とも変わらぬお引き立てのほど」「程」は平仮名に開く方が一般的で、先の「どうぞよろしくお願いいたします」までを含め、定型文としてこのままの形で覚えてしまって構いません。

下で言い替え表現として挙げる少し形を変えたものもいくつか存在し、それらと共に顧客となる相手に対して使われています。

ビジネスでは企業同士のBtoBの場面でもよく用いられており、BtoCになるエンドユーザーにも問題なく使うことができます。

「今後とも変わらぬお引き立ての程」を使った例文

・『貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございます。今後とも変わらぬお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます』
・『この度はご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ありませんでした。今後も変わらぬお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます』

「今後とも変わらぬお引き立ての程」の類語や言い替え

「今後とも変わらぬご愛顧の程」
「ご愛顧」は贔屓にしてもらいたいという意味で使われる言葉で、「お引き立て」とほぼ同様の意味になります。

よって、言い替え表現として使うことができます。

BtoCではこの表現の方が向いているため、こちらが選択されることが多いです。

まとめ

「今後とも変わらぬお引き立ての程」は、顧客に該当する相手に対し、今後も引き続き商品やサービス類の利用や購入を続けてもらいたいという意味になる表現です。

定型表現として使われているため、そこまで意味は気にせずにビジネスシーンでよく用いられています。

タイトルとURLをコピーしました