「仕事のことは気にせずゆっくり休養なさってください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「仕事のことは気にせずゆっくり休養なさってください」とは? ビジネス用語

「仕事のことは気にせずゆっくり休養なさってください」とは、どのような場面で使われるのでしょうか?

「仕事のことは気にせずゆっくり休養なさってください」とは?

この言葉は、仕事のことは考えずにゆっくり体調を治してくださいという意味です。

上司や目上の人や社内の人から体調不良のメールや電話での返信の言葉になります。

忙しすぎたり、季節の変わり目に体調を崩してしまった人に対して使う言葉です。

欠勤の理由も様々です。

相手を気遣う言葉を伝えましょう。

「仕事のことは気にせずゆっくり休養なさってください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスでは一緒に仕事をしている人が休むことになると仕事が滞るということも起こります。

体調を崩している相手に「今日は仕事に来てもらわないと困ります」などと伝えるのは失礼なので注意しましょう。

緊急の場合を除き、相手が安心して休めるような言葉で返信しましょう。

「仕事のことは気にせずゆっくり休養なさってください」を使った例文

・『日ごろお忙しいご様子でしたので、仕事のことは気にせずゆっくり休養なさってください』
・『こちらで対応しますので、仕事のことは気にせずゆっくり休養なさってください』

「仕事のことは気にせずゆっくり休養なさってください」の類語や言い替え

・『ご無理はなさらずぜひゆっくりお休みになってください』
・『仕事のことはお気になさらずお大事になさってください』
・『こちらのことは気になさらずぜひゆっくり養生してください』
・『どうかお気になさらずお大事になさってください』

まとめ

「仕事のことは気にせずゆっくり休養なさってください」は、上司や目上の人から欠勤のメールや電話があった場合に返信に使う言葉になります。

体調不良になることはやむを得ません。

仕事が滞るので困る場合もありますが、体調を崩している相手に、無理して来てもらうように言うことは失礼になります。

上司や社内の人から休む連絡があった場合には、相手を気遣う言葉を伝えましょう。

仕事のことは考えずに、ゆっくり休んで早く治してくださいという気持ちを伝えましょう。

相手も安心して休めるようにします。

体調を崩している相手に対して、メールの返信で相手への気遣いを見せることは大切です。

円滑な人間関係に繋がります。

メール返信の結びの部分で、相手への気遣いを見せる言葉を使用するようにしましょう。

ビジネスの場合は上下関係を認識して言葉を使いましょう。

特に、上司や目上の人には丁寧な敬語を使えるように心がけましょう。

様々な言い回しがあるので、急な欠勤の返事に使えるように覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました